ネコのいる併設カフェでのんびりと 

chicoには看板ネコが何匹もいます。ネコの顔を見に通うお客さんもいらっしゃるということで、chicoとネコとは切っても切り離せない関係。ネコはあくまでもフリーな存在で、ショップの通路にいることもあり、決してカフェ限定というわけではないのですが、ゆっくりしたいならカフェ側へ(いわゆる猫カフェとは違うので、基本料金がかかるようなことはありません)。
 

バンコクの一軒家ショップchico(チコ)

大きなテーブルのカフェコーナー。日本の雑誌やタイの旅行ガイドも閲覧できます。旦那さんはカフェで猫となごみながら雑誌を眺め、自分はショップでじっくり品定め、ということもできる便利なつくりです

カフェには大きなテーブルがあり、日本の雑誌やトラベルガイドもたくさん置いてあります。カップルで訪れた場合、片方がショップでお買い物、片方はカフェでのんびり、という使い方ができるのもいいですね。飲み物やケーキなどはもちろん、ランチプレートなども用意されています。ガイドがお邪魔したときはお昼どきだったため、ごはんを目当てに来店される方が多くいらっしゃいました。

お散歩がてらにお店に出掛け、小物をチェックして、のんびりお茶して、という日常を、バンコクで味わうにはぴったりのchico、次の旅行がタイだという方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

インテリア・プロダクト&カフェchico(チコ)
住所:109 Soi Renoo Sukhumvit 53,Klongtun-nua,Wattana, Bangkok 10110
TEL:66-2-258-6557(66はタイの国番号)
FAX:66-2-258-6558(66はタイの国番号)
営業時間:09:30-18:00(火曜定休)

【関連記事】
バンコクの人気ショップ「chico」で買ったタイ雑貨




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。