フランス骨董とその周辺

フランス骨董とその周辺


COCTEAU
「フランス骨董とその周辺」「チベット高原のショール展」

会期: 2012年10月27日(土) ~11月4日(日)  12:00~20:00 (水曜定休)
会場:doinel

19世紀のフランスを中心にヨーロッパのアンティークや国内外のプロダクトを紹介している福岡のショップ COCTEAUによる「フランス骨董とその周辺」を開催。
「ものに溢れる時代に、好きなものを見極め付き合い育ててゆく」
パリや南フランスの蚤の市を中心に、旅先でのたくさんの店主や、ディーラーとの出会いを通じてセレクトされたCOCTEAUの商品はアンティーク品、現行品問わず、どんな商品も背景を以って紹介されます。フランスの骨董品を通じた、COCTEAUによるライフスタイルの提案をさせていただきます。

チベット高原のショール展

チベット高原のショール展


また、同時に「チベット高原のショール展」を開催。チベット高原3200メートルにある小さな村の希少なヤクとウールを贅沢に使った、手機織りの上質なショール。人類の生活圏でもっとも標高の高い地域のひとつで、人々は厳しい環境の中、はるか昔から独自の文化を築いてきました。ヤクの荒く長い黒毛の下には「クルゥ」と呼ばれる貴重な茶色の緻密毛があり、「クルゥ」は高地の過酷な寒さから、いつの時代も遊牧民の人々を守ってきました。ヤク特有の肌触りや天然染色などを、ぜひお楽しみください。

店内ディスプレイの様子

店内ディスプレイの様子


物語の世界に迷い込んだような、独特のディスプレイです。年に5,6回フランスを訪ね、各地の蚤の市で探してくるそうです。古道具というより骨董の域に入る、とのことですが、手が届かないというものではなく、暮らしの中に取り入れやすいものが多くあります。福岡はなぜか古いものを扱う店が多いように思いますが、東京にはない、そして京都等ともまた違う、新鮮な感性を感じます。各店主それぞれの解釈による、ストーリー性を持ったセレクトをしている印象です。COCTEAUも、福岡の様々な古道具屋の中から、また新しいセンスを表現してくれるのかもしれません。

店内ディスプレイの様子

店内ディスプレイの様子


COCTEAU
福岡市中央区天神で、フランスを中心としたアンティークや国内外のプロダクトの紹介をしています。

福岡県福岡市中央区天神5丁目6-12 福岡県パン会館4F
open 12:00~18:00 日・月定休
※そのほか、仕入れによる長期店休あり
http://cocteau.petit.cc/top/


paparayrayのお菓子やコーヒー

paparayrayのお菓子やコーヒー


同時に、福岡にある古民家を改装したベーカリー&カフェ、paparayrayが作ったお菓子やオリジナルコーヒーも並んでいます。このパッケージも相当手の込んだ作り。doinelの定番商品であるミュンヘンのステーショナリーメーカー・CARTA PURAの包装紙で包み、アンティーク調のラベルを貼った優美なクッキー箱は、どの柄にしよう?と迷っている女性が多く、人気の商品でした。

paparayray
福岡県福岡市中央区赤坂2-2-22
11:00~19:00 ランチタイム11:30~14:30
http://paparayray.petit.cc/

いつものお店とは一味違った雰囲気になっています。
ぜひお出かけください。

doinel
東京都港区北青山3-2-9
tel 03-3470-5007
open 12:00~20:00 水曜定休
http://doinel.net/

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。