第2位 ハークスレイ(東証1部 7561)

お米券株主優待利回りランキング、今回の1位は・・・

お米券株主優待利回りランキング、今回の1位は・・・

予想配当+予想優待売却利回り:7.38%


【10/11株価】599円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 31円
【株主優待権利確定月】3月
【優待内容】 
おこめ券 
100株以上 3キロ
1000株以上 5キロ

第2位はハークスレイです。同社は持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」の西日本を担当している企業です。前期ベースでは557億円の売り上げですが、個店競争力の強化と新規出店増をベースに1000億円昼食グループへ、というのが成長戦略となります。業績は緩やかな拡大基調となっており、今期の予想PERは6.6倍程度と割安感があります。株価の方も緩やかな上昇基調にあり、下がったところを上手く買うことができれば株価の緩やかな上昇も期待できそうです。

第1位 岡谷電機産業(東証1部 6926)

予想配当+予想優待売却利回り:8.04%

【10/11株価】301円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 11円
【株主優待権利確定月】3月
【優待内容】 
おこめギフト券 
100株以上 2キロ
500株以上 5キロ
1000株以上 10キロ
※ただし100株以上を3年以上継続保有の場合はおこめギフト券1キロを追加贈呈

今回の第1位は……岡谷電機産業となりました! 同社は電子機器のノイズ、サージ対策用コンデンサーや表示機器のメーカーです。前期ベースの事業別売り上げ構成比率はノイズ関連が56.5%、サージ関連が18.4%、表示関連が20.5%、センサー関連が4.6%となっています。

今回は100株を購入した場合の利回りで計算していますが、同社は100株以上を3年以上継続保有の場合はおこめギフト券1キロを追加贈呈するため、3年以上保有していたケースとして100株で3キロ分のおこめギフト券を得た場合を想定しています。業績は好調で拡大基調となっていますが、株価は比較的低水準で横ばいが続いています。もっとも今期予想PERは約14倍であり、業績が好調な分、それなりの評価を受けている銘柄と言えるでしょう。

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、株式投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。