お米券株主優待ランキング発表!

日本人にとってお米は主食として切っても切れないもの!お米券株主優待利回りランキングの発表です!

日本人にとってお米は主食として切っても切れないもの!お米券株主優待利回りランキングの発表です!

日本人にとってお米は主食として切っても切れないもの。食事のお米代も毎日のことですので1年にするとかなりの料金になります。そこで今回は、お米券+配当の利回りランキングで、最もお得にお米券をゲットできる銘柄は何かを見てみたいと思います(株主優待としてお米券を出している銘柄が対象)。毎日のお米代が減るだけでもかなりお財布は助かるはずです。

※利回りを計算する上でのお米券の評価方法ですが、1キロ(あるいは1枚)のお米券を440円として評価しています。予想配当+予想優待利回りはあくまでも参考としてご覧下さい(2012年10月11日の終値で試算しております)

それでは、第3位から順にご紹介していきましょう。

第3位 小林洋行(東証1部 8742)

予想配当+予想優待売却利回り:6.57%

【10/11株価】 172円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 2.5円
【株主優待権利確定月】3月
【優待内容】 
全国共通お米券
100株以上 2枚
1000株以上 5枚

小林洋行は商品先物大手企業です。連結子会社には株式会社フジトミ(大阪証券取引所JASDAQ:コード8740) があります。先物取引、FXを中心とした投資・金融サービス業の他、スポーツ施設提供業(主にゴルフ場)、不動産業、生活・環境事業なども手がけています。

今回は100株を購入した場合の利回りで計算しています。

業績については現在のところ赤字が続いています。ただ、不動産事業に力を入れたり収益源確保に向けた買収を模索するなど、赤字額は減少傾向にあり、早ければ来期には収支が均衡する可能性もあります。株価は赤字続きの業績を反映して地を這うような動きが続いています。同社に投資をする場合は業績動向に気をつけながら投資をするべきでしょう。リスクはありますが、もしも黒字に転換できれば、株価が低水準なだけに大きく上昇する可能性もあります。

>>>続いて1位、2位の発表です!