予定利率が下がると保険料は上がる、シーソーの関係

予定利率は、生命保険の保険料を決めるときの予定率の1つ。予定利率が高いと
今のうちに保険を見直ししておいたほうがオトクかも

今のうちに保険を見直ししておいたほうがオトクかも

保険料は安い、予定利率が低いと保険料は高いというシーソーの関係にあります。予定利率は、国が決める「標準利率」をモトに各社が設定しています。この標準利率が、来年4月1日から、長引く低金利の影響で、今の1.5%から1.0%に引き下げられることが決まりました。

この決定を受けて、各生命保険会社は、来年4月以降の予定利率をどうするかを検討している最中ですが、予定利率の引き下げは避けられない模様です。つまり、保険料を上げる公算が高いということ。

多くの保険の保険料が上がりそうなので3月までに加入を

予定利率引き下げの影響を受ける、つまり、保険料が上がる保険は貯蓄性の高い保険、保険期間の長い保険です。種類でいうと、貯蓄性のある保険としては、終身保険、養老保険、個人年金保険、こども保険があげられます。掛け捨てであっても、保険期間の長い終身型の医療保険・がん保険、長期の定期保険、収入保障保険も影響を受けそうです。つまり、一般の人が利用する多くの保険の保険料が上がりそうということ。

ですから、保険に入ろうと思っている人、そろそろ保険を見直して入り直しが必要と考えている人は、保険料が上がる前、具体的には来年3月までに加入した方がおトクなのです。例えば、保険料が月100円上がるだけでも、年間1200円の負担増になるのですから。

ただし、保険料が上がるからと、必要のない保険に入ることがないようにしましょう。
 

 


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。