通常、新築マンションは建築される前に販売センターやモデルルームなどで、販売されます。
そこで、新築マンションを買う場合には、モデルルームへ行って検討することが一般的です。
モデルルームに行く場合には、より有意義に検討できる方法があります。
今回は、モデルルームへ行く前の準備とモデルルームでのチェック点をご紹介します。

準備編

まず、モデルルームに行く前には、自分たちの希望条件を明確にすることと、自分たちの内容を正確に把握することです。
そして、分譲マンションの販売情報を集めることです。

自分たちの希望条件を明確にするということは、希望のエリア・学校区・沿線・駅・駅や学校からの距離・周辺環境・間取り・所在階などなど。
できるだけ細かく希望条件を書き出し、家族でそれらの優先順位を話しあってください。
この優先順位をつけるということが大切です。
希望条件全てを満たすことは、まず有り得ません。
そこで、最終的には妥協点を見つけて物件を選定していくわけですが、そのとき優先順位が決まっていないと、物件が選べなくなってしまいます。

また、自分たちの内容を正確に把握するとは、家族全員の生年月日、所得額と勤務先、勤続年数、手持ち資金の額、親などから贈与を受けることができる金額、月々住宅関連の支払いに充てることのできる金額、その他、勤務先企業の設立年数と資本金、従業員数、売上額や取引先企業名など。

気に入った物件があったとしても、手持ち資金だけで買える余裕のある方は、ごく稀です。
そこで、手持ち資金や所得を基に住宅ローン借入れ可能額を計算し、購入できるかどうかを計算するのですが、その際に自分たちの内容を正確に把握しておく必要があるのです。

可能であれば、自分で資金計算をしてみて、いくら程度の物件の購入が可能なのかを算出しておくことをお勧めします。
以前の記事「住宅購入までの流れ1 購入限度額を把握する」を参考に、住宅情報誌やインターネットの資金計算ができるサイトなどで計算してみてください。

次に行うことは情報収集です。
自分たちの希望エリアに、どのような分譲マンションがあるのか、探すことから始まります。
以前、「不動産情報の集め方」記事中でお話したように、新築マンションの販売情報は、不動産屋さんでは得ることができません。

新築マンションの販売情報は、「各デベロッパーの友の会」「折込ちらし」「住宅情報誌」そして最近では、インターネットから入手することができます。
「折込ちらし」は、希望するエリアに配達されている新聞に折り込まれているチラシを、チェックしてください。
デベロッパーは、販売物件があるエリアを中心に折込ちらしを入れます。
したがって、物件から離れたエリアでは、希望するエリアの販売情報を入手する事は困難なのです。

希望エリアから離れた場所に住んでいる方は、そのエリアに住んでいる知人に折込ちらしを残しておいてもらうようお願いするか、そういう知人がいない場合は、新聞販売店にお願いすれば、取っておいてくれるかもしれません。