変わったのはフロントグリルだけではない

LS460

スピンドルグリルに目を奪われがちだが、実は新型LSの魅力はそこにとどまらない


この夏、マイナーチェンジを受けた新型レクサスLSをアメリカ・サンフランシスコ近郊で撮影する機会を得た。ファインダー越しにレクサスLSの魅力を考察してみたい。

新たな時代にふさわしいレクサスとは何か?を模索し自ら導き出した答えがレクサスのフラッグシップモデル、LSのマイナーチェンジである。マイナーチェンジと言っても、内容があまりにも多岐にわたるため、型式変更を伴わないマイナーチェンジとしては限界ともいえる手の加わりようをみるに、もはやデビュー当時とは別物にまで進化していると考えて差し支えないだろう。
LS460

ルーフからリアに流れていく優雅なラインが秀逸


新型LSの造形は細かい気配りが感じられる。もちろんエクステリアデザインのハイライトはスピンドルグリルの採用で精悍になった顔立ちだが、私は計算し吟味した単純で美しいカーブと豊かな断面とのシンプルな構成によってできた造形そのものに好感を持った。

優雅なルーフラインを描きながら、そのままリアデッキの精緻な三次元カーブへと流れ込む造形は、重圧感を誇るこれまでの高級サルーンにないデザインが見事に表現されている。ドイツ車の抑揚のある面造形による官能的表現とは異なり、クールで知性的に感じる表現方法は威圧的でないプレステージ感であり、レクサスLSは高級サルーンの新しい日本的な「趣」という潮流を生み出した感がある。
LS460

ドイツプレミアムカーのような威圧感はなく、どことなくクールで知的な雰囲気が漂うデザインはレクサスならでは