熊本のソウルフード、タイピーエンが美味しい「紅蘭亭」

 

 

熊本県出身の友人が決まってオススメしてくれる熊本グルメは「タイピーエン」です。県外の人以外にはあまり馴染みが無いかもしれませんね。私は福岡県人ですが数年前まで知りませんでした。

そんな魅惑の気になる「タイピーエン」は熊本では子供からご年配まで愛されるソウルフードであり、学校給食にも出るそうです。「タイピーエン」は中国福建省の家庭料理をヒントに熊本で70年以上前に誕生した料理だそうです。諸説ありますが、揚げたゆで卵は燕の巣、春雨はフカヒレに見立てられているそうです。なので、「タイピーエン」は「太平燕」という漢字で書きます。

気になる味ですが、かなりの絶品!! 魚介類・豚肉・野菜などを炒めてしっかり出汁の効いたスープ(店によって鶏がらや豚骨など違う)、が優しい味でクセになります。その中に、小麦粉の麺ではなく、チュルチュルの食感が美味しい春雨が入るのでラーメンやチャンポンなどに比べるとヘルシーでさっぱり頂くことが出来ます。珍しいと思ったのは、ゆで卵ではなく、「揚げたゆで卵」が入っている点。

熊本で太平燕の有名な店といえばいくつかありますが中でも、発祥の店といわれる中華園(くまもと阪神百貨店8階)、会楽園(熊本市新町)、紅蘭亭(熊本市下通り)が太平燕の御三家として有名だそうです。個人的に好きな「紅蘭亭」を今回はご紹介させていただきます。

熊本市内に5店舗ある中で、便利の良い上通りアーケードの中にあり、中庭の吹き抜けが心地よく、場所的にも「紅蘭亭 上通パビリオン」がオススメです!

■紅蘭亭 上通パビリオン
住所:熊本市中央区上通町1-15
Tel:096-352-3812
営業時間:11:30~21:30 (LO21:00)/日曜祝日 11 :00 OPEN
地図:Yahoo!地図情報
サイト:http://www.kourantei.com/index.php
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。