温かな気分になれる長野「小川の庄」の縄文おやき

 

 

囲炉裏で焼いて食べる信州のおやつ、おやき。JR長野駅より歩いて少し、善光寺表参道沿いの門前町に、縄文おやきの「小川の庄」があります。

柔らかい小麦の皮に、季節の野菜や山菜がたっぷり。定番の野沢菜の他に、しめじ・あずき・にら・りんご・かぼちゃ・切り干し大根などなど、とにかく種類が多くて迷ってしまいます。どれも一つ170円。

店に入ると、囲炉裏の前で、おばあちゃんが丁寧におやきを包み込んでいます。注文をすると、おばあちゃんが、囲炉裏の中央にある大きな鉄鍋で、おやきを焼いてくれます。一緒にお味噌汁もサービスして下さいました。炭火で焼き立てなので、香ばしい香りがします。具の量が多く、一つでも大満足です。お取り寄せではなかなか味わえない焼き立ての味。

民家風の建物に囲炉裏、そして元気なおばあちゃんたち、温かな気分になれます。


■小川の庄 大門店(直営店)
住所:長野市大門56-1 
営業時間:午前10時~午後6時
電話:026-232-5786
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www.ogawanosho.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。