市女笠に草履はき……世界遺産・熊野古道で平安衣装体験!

 

 

世界遺産に登録されている熊野古道。パワースポットとしても有名ですよね。
苔むした岩や石畳の階段を見ているだけで、なんだか神聖なエネルギーを感じます。樹齢800年を越える老杉のどっしりとした姿も圧巻です。

夫婦杉の近くにある大門坂茶屋では、名所、旧跡の写真を展示しています。そしてなんと、平安衣裳の貸し出しもあるんですよ。朱色にきらびやかな刺繍の入った衣装がズラリと並んでいて、ついつい目移りしてしまいます。ちなみに、男性用の衣装もありますよ!

着付けはお店の方がササッと行ってくれます。足袋を履いて、肌襦袢を付け、袴を履いたら、上着を羽織ります。首から薬入れをかけることも忘れずに。魔除けの赤い紐をかけてもらったら、完成です。

市女笠をかぶって、草履を履き、杖をもったら夫婦杉の前で記念撮影。衣装のまま、那智山を散策することもできるのですが、この格好で山歩きはちょっとキツいかな……と断念。でも、とってもステキな記念写真が撮れて満足です!

■熊野古道 大門坂茶屋
問合せ:那智勝浦町観光協会 0735-52-0555
申込み:大門坂茶屋 0735-55-0244
営業時間:9:00~16:00
料金:モデルコース2,000円(平安衣裳を着て夫婦杉周辺での写真撮影)
体験コース3,000円(平安衣裳を着て那智山散策)
地図:Yahoo!地図情報
URL:http://daimon-saka.blogspot.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。