クラウドサービスがいま人気なワケ

クラウドコンピューティングという言葉自体は、2006年8月にGoogleのCEOであるエリック・シュミット氏が言及したのが最初と言われています。しかし、例えばオンラインストレージやWebメールなど今はクラウドサービスと呼ばれるサービスもそれ以前から存在していました。

つまりクラウドサービスとはそれまでになかった新しいサービスという訳ではなく、従来からあったネットワーク上で提供されるサービスの総称といえます。

従来からあったものが、なぜ最近話題になっているのでしょう。

それはいくつか理由がありますが、その中でも大きいのはブロードバンドや無線LANなどの普及によって多くのユーザーが自宅だけではなくノートPCやモバイルなどいつでもどこでもネットにアクセスできるようになったことです。

これによってクラウドサービスの利便性が上がり、それに合わせてサービスもまた次々と登場したことが今、クラウドサービスが注目されている大きな理由です。


クラウドサービスの利点

クラウドサービスを使うことで、私たち一般ユーザーにどんな利点があるのでしょう。

1. 特定のPC以外からもデータにアクセスできる
前述しましたが、さまざまなデータやファイルをネット上にアップロードしておくことで、特定のPC以外からもそのデータ、ファイルにアクセスできます。特に最近ではスマートフォンの普及により、携帯電話からもPCと同じようにデータにアクセスできるようになってきています。

2. PCの容量が少なくても多くのデータを保存しておける
写真や動画など容量の大きなデータもネット上に保存することで、自分のPCの容量を気にしなくてもいいようになります。オンラインストレージなど容量によっては有料になるものもありますが、共有サービスなどと上手く併用することで多くのデータ、ファイルをネット上に置いておけます。

3. 自分のPCが壊れてもデータ、ファイルは消えない
これもクラウドサービスの大きな利点といえます。PCが壊れてしまった場合、その中に入っていたデータを取り出すには有料でデータ復旧をお願いしないといけません。場合によってはそれでも取り出せないこともあります。しかし、クラウドサービスを利用し、データ、ファイルをネット上に保存してあれば仮にPCが壊れても別のPCや携帯電話から簡単に取り出すことができます。