併設のウイスキー博物館も魅力! 山崎蒸留所見学

 

 

すでに白州蒸留所がオススメであがっていますが、山崎蒸留所もオススメです。大阪府と京都府の境に位置する山崎蒸留所ですが、日本のウイスキー発祥の地とでも言えるところです。

白州蒸留所は広大な敷地で「工場」みたいですが(その分、観光者向けの施設もたくさんですけれども)、山崎蒸留所はこぢんまりとしていてアットホームな感じがします。

目の前をJRがひっきりなしに通っているのに、一歩敷地内に入れば「蒸留所」です。特に、貯蔵倉庫とそこを抜けた竹林は、そのような騒がしさをみじんも感じさせないのが、また不思議なところです。

無料のガイドツアーは、ウイスキーの製造工程を原料の段階から貯蔵までを追っていくものとなり、最後には試飲となります。

山崎蒸留所は徒歩で、JRの大山崎駅から約15分、阪急京都線の山崎駅からは約10分ですので、お酒が飲めない方がいない場合は、ぜひハンドルキーパーさんを出さずに電車で出向かれて、試飲まで楽しまれてみてください。

なおガイドのスタート・ゴール地点ともなる併設のウイスキー博物館には貴重な史料が展示されていて、特にモルトのサンプルが入ったボトルが並べられたコーナーのディスプレイなどはキレイですし、同じ原料でも樽や熟成度合いによってこんなにも変わるのかというのが目でわかります。

有料試飲コーナーでは、樽に貯蔵する前の蒸留したてのウイスキー……というより度数の高いアルコールが飲めます。

狙い目は平日午前中の早い時間帯のツアーです。人数が少ないのでガイドさんからゆっくり説明が聞けるかと思います。

わたしは国内の3大メーカーで見学できるところはすべて回りましたが、山崎蒸留所が一番大好きです。

住所:大阪府三島郡島本町山崎5-2-1
Tel:075-962-1423
地図:Yahoo!地図情報
ホームページ
http://www.suntory.co.jp/factory/yamazaki/index.html

【ご注意】
最近になって、土・日・祝日のガイドツアーは午前のみで、午後は有料のセミナーになったそうです。ホームページでご予約なさるか、ある程度の人数で出向かれる場合なら、ツアーが実施してもらえるかどうかはお電話などで問い合わせされることをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。