普通分娩でも給付金が欲しいなら少額短期保険がオススメ

普通分娩でも給付金がでる少額短期保険も

普通分娩でも給付金がでる少額短期保険も

一般的な医療保険や医療特約は、普通分娩は保障しないケースが多いのですが、普通分娩による入院でも給付金を出してくれる少額短期保険があります。普通分娩のための入院で給付金が欲しいなら、このような保障のある少額短期保険を利用してもいいでしょう。

少額短期保険とは、一定の事業規模の範囲で、取り扱う保険金額は少額、保険期間も短い(通常は1年だが、損保分野は2年)保険のこと。規模が小さいことからミニ保険会社と呼ばれています。一般の保険会社とは一線を画された保険会社で、商品は一般の保険会社が扱っていないようなユニークな商品を販売しています。通常分娩でも給付金を出す保険も、その中の一分野です。

フローラル共済の「なでしこくらぶ」は、全年齢・保険料は2500円と5000円の一律で、満20歳~満39歳の女性は入院理由を問わず(つまり、通常分娩も)1日1万円(2500円プラン)または2万円(5000円プラン)の入院給付金がもらえます。まごごろ少額短期保険の「医療保険金付定期保険」は、医療費のかかる傷病には保険金がアップし、普通分娩は日額1万円を最大7日分給付します。

ともに、死亡保険金もついているので、ほんの少し死亡保障をつけたい女性にも向きます。なお、「医療保険金付定期保険」は妊娠前にを加入しないと、普通分娩を保障しません。「なでしこくらぶ」は妊娠でも10ヵ月まで加入でき、正常分娩では保障されませんが、異常分娩は保障されます。
フローラル共済「なでしこくらぶ」

フローラル共済「なでしこくらぶ」


まごころ少額短期保険「医療保険金付定期保険」

まごころ少額短期保険「医療保険金付定期保険」


死亡保障を確保するならば割安な定期保険でOK

死亡保障の保険については、女性専用という商品はありませんので、男女どちらも加入できる保険を利用することになります。女性の場合、死亡保障が必要でも2000万円程度までが多いと思われるので、定期保険でいいでしょう。

定期保険で保険料を抑えるには、ネット専用かリスク細分型がオススメ。自分の年齢で複数商品の保険料見積もりを取り、安い会社を選びましょう。下に紹介した「スーパー割引定期保険」は、リスク細分型で、タバコを吸わない健康体は、かなり保険料が安くなります。
メットライフ アリコ「スーパー割引定期保険」

メットライフ アリコ「スーパー割引定期保険」



取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。