女性専用の保険とは?

女性特有の病気から守ってくれるのが女性専用保険。どんなメリットがある?

女性特有の病気から守ってくれるのが女性専用保険。どんなメリットがある?

女性専用の保険とは、読んで字のごとく、加入できる人を女性に絞った保険の総称です。最大の特徴は女性特有の病気やかかりやすい病気の保障が手厚いこと。女性には乳房・子宮・卵巣という、男性にはない臓器があり、その臓器に発症する女性特有の病気が多々あります。また、関節リウマチや鉄欠乏症など、どちらかというとかかるのは女性の方が多い病気もかなりあります。こういった女性のかかりやすい病気の傾向に合わせて、必要とする保障を盛り込んでいるわけです。

保険の種類としては、医療保険とがん保険がメイン。医療保険には死亡保障をセットしたものや、ケガによる死亡保障を手厚くした商品もあります。基本的には入院・手術の保障を主契約にして、女性疾病などの特約をセットして女性専用保険として販売しています。ですから、通常の保険に女性疾病などの特約をつけても、同じような保障が得られます。

女性専用の保険のメリット・デメリットは?

女性専用の保険のメリットは、何といっても、女性特有の病気やかかりやすい病気の保障が手厚いこと。これらには妊娠・出産にかかわる病気や手術も含まれます。

女性専用の医療保険は入院だけ上乗せ保障される商品、入院と手術が上乗せ保障される商品があります。また、入院についてはすべてのがんが上乗せ保障の対象にしている商品も。もちろん、通常の医療保険と同様、ケガによる入院も保障されます。死亡保障がセットされている商品は、ケガによる死亡は割増される商品が多いようです。また、がん保険はすべてのがんを保障し、さらに、乳がんや子宮がんなどの女性特有の臓器に発症するがんの入院・手術の保障を上乗せするものです。乳がんに関しては、乳房再建手術の保障を手厚くした商品もあります。

女性保険のデメリットは特にありません。しいていえば、女性疾病の特約をつける分、保険料が高くなること、定期型の医療保険やがん保険に入ると更新ごとに保険料が上がっていくことでしょうか。しかし、これらは承知の上で加入すれば、デメリットとはいえません。

女性は20代後半から女性特有の病気にかかるリスクが! 次ページで解説


取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。