PDF-XChange Viewer

 

 


【おすすめ理由/特徴】
・動作が軽い。
・タブ切替えで複数のPDFファイルを同時に閲覧することができるPDFファイルビューワー機能とPDFファイルの編集ができる機能。
・フリー版では機能が一部制限されますが、PDFファイルの文字を編集したり、コメントの追記、PDFの申込用紙に名前を記入するにはこのフリーソフトで十分できます。

【できること】
・PDF文書内に直接文字を入力
→フォントや文字の大きさ、色、位置等を細かく調整できることで、広く書類の記入フォーマットに対応できます。
・コメントの貼り付け(Excelのオブジェクトのようなイメージ)。
・蛍光マーカーで文字の強調。
・文字の取消線、下線の付加。
・矢印や四角形、楕円などの図形の挿入。
・スタンプの挿入。
・編集した内容はPDFとして保存でき、もちろん印刷もできます。

さらに! 機密性の高い文書を配布する際には、PDFファイルにパスワードを登録しておき、このパスワードを知らないとPDFを閲覧できないようにすることができます。

パスワードが設定されているPDFファイルは、閲覧ソフトで開こうとするとダイアログボックスが表示され、パスワードの認証がOKにならないと開くことができません。 メールでPDFファイルを添付する際など、一役かってくれます。

【ダウンロード】
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se492489.html


さらに「PDFファイルをdoc形式(Word)に変換し、変換したdocファイルを編集する」という方法もあります。オンラインでPDF→doc(その逆もできるサイトもある)にできるサイトがあります。

以下、3サイト紹介します。
※サイトによってはメールアドレスの登録がいる場合があります。

CometDocs
http://www.cometdocs.com/

PDF to Word Converter.net
http://www.pdftowordconverter.net/

Zamzar
http://www.zamzar.com/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。