海外にあったら良かったと思った物、送ってもらって嬉しかった物

 

 

4年前、ベルギーで三男を出産しました。その時にあったら良かったと思った物と送ってもらって嬉しかった物をご紹介します。
※ただし、国によって「持ち込み禁止・制限品」がありますのでご注意ください。

■離乳食
欧米の物は瓶入りで重く量も多く、種類は少なく味は単調で濃いです。なので日本の「レトルト」や「フリーズドライ」は大変便利。特に、「けんちんうどん」「肉じゃが」「豆腐ハンバーグ」は嬉しかったです。しかし、「狂牛病」の関係で「牛肉」が入っていると持ち込めない国があります。また「海産物(のり・わかめ)」「乳製品(ミルク)」も厳しいです。

■粉ミルク
欧米の粉ミルクは腹が立つぐらい全然溶けません。なので日本の粉ミルク、特に「個包装」の物はとても重宝しました。フォローアップ(9ヶ月~)は便利な調乳済みの物があるので日本の物は不要でした。

■おんぶ紐・亀の甲
欧米は抱っこが一般的なのですが、家事をする時に便利でした。ただ、このスタイルで外を歩くと人が寄ってきて見世物状態になりました(笑)

■かたかた(手押し車)
ヨーロッパにも手押し車はありますが、日本のような木製で素朴で押すとかたかた鳴るタイプは見つけられず、現地在住の日本人の間でお古を使い回しておりました。

■国際母子手帳
海外で妊娠・出産する母子は日本の母子手帳がもらえません。なので有料ですが「株式会社 母子保健事業団」発行の外国語と日本語の2ヶ国語が併記されている母子手帳があると便利でした。予防接種の記録等も記入でき、帰国後も役に立ちました。

■臍の緒入れ
キリスト教の国では臍の緒は捨てられてしまいます。私は帰国するまで「ピロケース」に入れて大切に保管しておりました。

■ベビーカーに荷物が掛けられるようになるフック
海外にはこういうものは売っていません。日本の物は便利でした。毛布を留めるクリップも便利でした。

■マグマグ
乳首のついた取っ手付きのカップ。日本の物は素晴らしいです! 吸い口が柔らかい物は外国にはありません。ストローに替えられる物などが便利です。

■ベビーボーロ、赤ちゃんせんべい
やはり日本の物は薄味で美味しいです。欧米の物は小麦でできているので食べるとよだれでドロドロに溶け出し、服が汚れます。

■冷えピタ
欧米には売っていないので重宝しました。

考えるとまだまだ出てきそうですが、この辺にしておきます。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でベビー用品を見る

Amazonでベビー用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。