株式市場が低迷している時に注目を集める株主優待。最近では、自社商品や金券、カタログギフト等、優待内容もバラエティに富んでいます。

そこで、今からでも間に合う9月に権利確定できる銘柄の中から、株主優待と配当金の両方でお得な「優待+配当」高利回り銘柄を3つピックアップしてみました。(2012年7月20日現在)

9月に権利確定できる主な銘柄

・ラウンドワン (4680)
・セントラルスポーツ (4801)
・全日本航空(9202)

この中でも、公募増資で注目を集める全日本航空(9202)の買い時を株価チャートを使って分析してみましょう。

ラウンドワン(4680) 

・最低購入金額:5万円程度
・権利確定月:3月末、9月末
・配当利回り:1株20円4.94%
・優待内容:100株以上で、500円割引券4枚、クラブカード引換券2枚。500株以上で、500円割引券8枚、クラブカード引換券2枚。
・業務内容:ボウリング・アミューズメントを核とした「複合型レジャー施設」の店舗展開が柱。

セントラルスポーツ(4801)

・最低購入金額:12万円程度
・権利確定月:3月末、9月末
・配当利回り:1株25円2.25%
・優待内容:100株以上で、優待券3枚、200株以上で6枚。全国の店舗で、定められた優待内容をそれぞれ1枚ずつで利用可。会員株主の場合は、定められた優待内容をそれぞれ1枚ずつで利用可。300株以上保有の会員株主様には優待券10枚送付。
・業務内容:会員制スポーツクラブの運営が柱。

全日本航空(9202) 

・最低購入金額:19万円程度
・権利確定月:3月末、9月末
・配当利回り:1株4円2.14%
・優待内容:ANAグループ各社・提携ホテル優待券
株主特別優待券(9月30日:有効期は:12月1日~翌11月30日)(3月31日:有効期間は6月1日~翌5月31日)/片道1区間ご搭乗時普通運賃の50%割引。
1,000株以上1枚、2,000株以上2枚、3,000株以上3枚、4,000株以上4枚+4千株超過分2,000株毎に1枚、10,000株以上7枚+1万株超過分4,000株毎に1枚、1,000,000株以上254枚+100万株超過分8,000株毎に1枚。
・業務内容:グループでの国内線シェアは約5割。世界最大規模の航空連合「スターアライアンス」に加盟。

株価はどうなる?いつが買い時?

全日本航空(9202)の株価チャートを見てみましょう。左側の囲みが2011年9月、右側の囲みが2012年3月の権利確定前の1ヶ月間です。

チャート

全日本航空のチャート。MarketSpeedより。拡大画像あり


株価の動きを見る限り、9月、3月の権利確定日前には株価の高い日もあります。しかし、どちらかと言うと、権利確定日後の方が株価が安くなってます。ですから、次の権利確定日を狙って早い時期に購入する方がお得と言えるかもしれません。

しかし、株価はここ1年を通してみると値下がり傾向にあります。また、現在は公募増資が予定されており公募価格にさや寄せする(価格が近づく)格好となっています。株主優待を狙って購入したのはいいけれど、株価が値下がりして損失を抱えてしまっては元も子もありません。株価が落ち着いた頃の安い時に、株主優待を狙って購入するのがよいのかもしれませんね。

◎チャートを使った分析法がわかる無料講座を期間限定でプレゼントしています。こちらをクリックください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。