30代・40代のシングルは医療保険だけは絶対確保を

シングルの人は病気、ケガに備えられる保険を確保しておく

シングルの人は病気、ケガに備えられる保険を確保しておく

30代・40代のシングルは、なかなか保険に入るチャンスがないまま無保険の状態を続けることになりがちです。貯蓄はそれなりにできているはずなので、お葬式代などの死亡保障はなくても構いませんが、医療保障だけは確保しておくようにしましょう。医療費が貯蓄だけではまかなえないかもしれない、あるいは、医療費で取り崩した貯蓄を穴埋めするためです。終身保障タイプで、入院日額1万円を準備します。

病気になってからでは医療保険に入りにくくなるので、早めに手当をすることをおすすめします。もし、病気になってしまって通常の医療保険には入れない場合は、40代の医療保障で紹介している「緩和型医療保険」を利用する方法もあります。

保障内容はその人の考え方で決めよう

確保したい保障内容は、その人の考え方次第で、いくつかに分かれます。とりあえずシンプルな医療保険でいい、ガンの備えも厚くしたいならば……
1. ガンの保障がセットされた医療保険に入る
2. ガンの備えはガン保険の方が手厚いのでガン保険に入る
(ガン保険に入る場合は医療保険にも入るのが一般的です)


以下、おすすめの保険を紹介します。
メットライフ アリコ「やさしくそなえる医療保険」

メットライフ アリコ「やさしくそなえる医療保険」

ソニー損保「ガン重点保険SUREワイド」

ソニー損保「ガン重点保険SURE<シュア>ワイド」

アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」

アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」



取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。