支出は多いが死亡保障も欠かせない40代の保険は?

子どものために、イザというときに備えられる保険を

子どものために、イザというときに備えられる保険を

40代の家計は住宅ローンを返済しつつ子どもの教育費を捻出、そして、進学する資金と住宅ローンの繰り上げ返済資金、夫婦の老後資金の準備という、いろいろなお金の捻出・準備で大変な時期です。とはいえ、子どもは成長過程なので、死亡保障をなおざりにするわけにはいきません。今の家庭の状況に合った適正な保険金額を見極め、割安な保険料で保障が得られる保険を利用しましょう。

また、30代に入った保険が40代でそろそろ更新という家庭も。保険料アップを防ぐための対策としても割安な保険は利用できます。割安な死亡保険とは収入保障保険と定期保険です。一家の大黒柱には以下のような割安でも死亡保障がきちんと確保できるものがオススメです。
NKSJひまわり生命「家族のお守り」

NKSJひまわり生命「家族のお守り」

アクサダイレクト生命「カチッと定期」

アクサダイレクト生命「カチッと定期」


40代の医療保障はガンの備えを手厚くする

40代に入ると、ガンを初めとした生活習慣病のリスクが高くなります。しかし、保険料負担は極力抑えなくてはいけないのが40代の家計でもあります。すべての生活習慣病の保障を手厚くすることを考えると保険料が高くなってしまいます。せめて、ガンの備えを厚くすることを考えましょう。

その方法としては、医療保険とガン保険の両方に入り直すのがベターです。しかし、これも保険料が増えてしまう要因に。そこで、シンプルな医療保険にガンの保障を手厚くする特約をつけるという方法で対処する手があります。7大生活習慣病の1入院の保障日数が長い医療保険なら、生活習慣病(7種類)で入院が多少長引いても途中で給付金がもらえなくなることは少ないでしょう。

なお、40代に入ると、既に何らかの病気にかかり、通常の医療保険に入りにくくなっている人もいそうです。既に医療保険に加入していて、保障内容が古くても(短い入院では給付金がもらえない、手術の保障範囲が狭い、先進医療の保障がついていないなど)それでよしとするか、やはり新しい保障の医療保険に入りたい、医療保険に入ってない人は保険料は割高になりますが「緩和型医療保険」を利用しましょう。
オリックス生命「医療保険 新CURE(キュア)」

オリックス生命「医療保険 新CURE(キュア)」

オリックス生命「医療保険CURE Support(キュア・サポート)」

オリックス生命「医療保険CURE Support(キュア・サポート)」



次は、30代・40代のシングルが最低限確保したい医療保険について紹介します!

取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。