大人4人でのロングドライブも十分にこなす

アウディQ3リヤシート

リヤシートは広大な足元、ヘッドクリアランスではないが大人でも十分実用になる広さを確保する。2人までならロングドライブでも十分に快適なはず。後席は背もたれを倒すだけの分割可倒式


Q3の全長は4385mmしかなく、A3よりも100mmほど長いだけだからリヤシートの足元空間などはCセグメント車のハッチバックとほとんど変わらない。頭上空間も身長171cmのレポーターでこぶし1つ分くらいの余裕と閉塞感を抱かない程度にとどまる。

それでももちろん、大人4人が快適にロングドライブを楽しめる室内空間ではあるし、460L~1365Lの荷室容量はステーションワゴン並みの広大なラゲッジスペースで、SUVに期待する積載性は十分クリアしている。何よりもトノカバーをしたままでも十分な天地高があるのもうれしい。テールゲートウインドウが寝かされているのに、積載性はまったく犠牲になっていないのは美点だ。


170PS仕様も気になる

アウディQ3ラゲッジ

外観から想像するよりも広く、トノカバー装着時でも天地の余裕は十分。後席の背もたれを倒すだけで容易にスペースを拡大できる。開口部とフロアの高さも抑えられているから使いやすい


Q3の完成度の高さを目の当たりにすると、まずは70万円高い211PS仕様からの導入でも十分なインパクトをコンパクトSUV市場にもたらすのは確信できるが、こうなると上級グレードだけではなくエントリーの170PS版の出来も非常に気になるところ。待ちに待っていたのなら211PS仕様を購入してもまったく後悔しないどころか、高い満足感を得られるはず。一方でライバルが多いクラスだけに、170PS仕様を待ってから判断しても遅くはないだろう。

ひとつ確実に言えるのは、数多いプレミアムSUVの中にあって日本でも抜群に扱いやすいコンパクトサイズのQ3が加わったことは潜在ユーザーにとって朗報であることだ。

【関連サイト】
アウディ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。