ニーズ別ガン保険の選び方 part1
通院保障を重視するなら

通院保障を重視した新型のガン保険は手術、放射線、抗ガン剤のどの治療でも通院で給付金がもらえます(1日以上の入院が必要な商品もあり)。もちろん、入院した、手術や先進医療を受けた場合の給付金もあります。放射線治療と抗ガン剤の治療を受けたときには、別に給付金がもらえる商品もあります。

通院保障を重視したガン保険の代表として、下記の2商品を紹介します。NKSJひまわり生命の「勇気のお守り ソレイユ」は、通院保障の通算限度日数はなく、条件を満たせば無制限で給付されるのが特徴です。アフラックの「生きるためのがん保険Days(デイズ)」の特徴は、入院も通院も日数無制限で保障されることです。
NKSJひまわり生命「勇気のお守りundefinedソレイユ」

NKSJひまわり生命「勇気のお守り ソレイユ」


アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」

アフラック「生きるためのがん保険Days(デイズ)」


ニーズ別ガン保険の選び方 part2
ガンにかかったときにまとまったお金が欲しいなら

ガン保険には従来型・新型を問わず、ガンと診断されたときにまとまったお金が受け取れる「診断一時金」があります。これを、通院でかかる費用に充てるという考え方があります。

新型のガン保険には、診断・入院時にまとまったお金が受け取れる商品があり、その代表として下記商品を紹介します。オリックス生命の「がん保険Believe(ビリーブ)」は、初めてガンと診断されると初回診断一時金、さらに治療目的で入院すると治療給付金が受け取れます。

なお、診断給付金の給付条件は、「医師によってガンと診断が確定されたとき」の商品が多いのですが、従来型のガン保険には「治療のための入院」も必要な商品もあります。加入前に確認しましょう。
オリックス生命「がん保険Believe(ビリーブ)」

オリックス生命「がん保険Believe(ビリーブ)」



次のページではガンにかかったことがある人でも入れる保険をお教えします!


取材・文/小川千尋(ファイナンシャル・プランナー)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。