高校生・大学生の通学用に

10万円前後の電動アシスト自転車を通学用に使うのは、高すぎると感じる人もいるかもしれません。ただ、3年間の電車やバスの定期代を考えると必ずしもそんなことはなさそうです。盗難被害についても実は驚くほど低く、盗難阻止率99.9%という統計結果が出ています。暗くなったり、トンネル内では自動で点灯するLEDバッテリーランプを搭載したものなら、明るさの点でも夜道を安全に帰宅できますし、いざというときにスピードが出るという点でも魅力です。

■パナソニックサイクルテック「ビビ・ラッテ」
フレームカラーに合わせて、バッテリー、チェーンケース、スイッチ、ワイヤー、ライト等のパーツカラーの仕様を変えるなどオシャレなデザインが特徴。軽量の5Ahリチウムイオンバッテリーを採用しているので、安全性が高く、継ぎ足し充電もOK。荷物がたっぷり入る丸型バスケットや、暗い夜道にも心強いLEDビームランプを搭載しています。

■ブリヂストンサイクル「アシスタポルク」
6.6Ahのバッテリー搭載でオートエコモードなら1回の充電で32km走行可能。スピードとギアを自動で感知して最適にアシストする3段変速なので、いつでも軽やかでスムーズな走り心地。モダンな6色がそろっています。

■ヤマハ「PAS CITY L8」
内装8段変速&8.9AhのリチウムLバッテリー搭載で長距離の通学も安心のモデル。ヤマハPASならではの制御機能搭載で、どのギアに入れて走ってもパワフルかつ自然なアシストをしてくれます。大きな荷物もすっぽり入る25Lのバスケットや、サークル錠とハンドルを同時にロックできる機能など、使い勝手のよさも魅力です。

■パナソニックサイクルテック「ララファイブ」
「ララファイブ」は学生、社会人、主婦、ママ、卒ママと女性のライフスタイルの5つのステージに合わせて、どんな時も活躍してくれる一台。エコナビ液晶スイッチで、3つの走行モードから選べ、電残量表示もしてくれるので安心。しっかりとした太めのパイプでできたバスケットや6灯のワイドなLEDビームランプなどの通常装備のほか、オプションパーツも充実しています。5色展開でお気に入りのカラーから選べます。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。