通園など、子どもを乗せて楽に走りたい

2009年の「幼児2人同乗用自転車安全基準」の制定で電動アシスト自転車にも2人までの子乗せ対応車が登場し、安全基準をクリアしたものには『幼児2人同乗基準適合車者マーク』の貼付がされるようになりました。

後ろ乗せの子どもの足を守るフットガードや、ワイドで倒れにくいスタンド、デザインと安全性を両立させたチャイルドシートなど、“子乗せ用”ならではの配慮が随所にあふれた機種がラインアップしています。子どもの数や、これからのライフスタイルを見越して1人乗せ対応用か2人乗せ対応用かを選ぶとよいでしょう。父親が子どもを乗せて走ることも想定に入れたスポーティデザインのタイプも登場しています。

■ブリヂストンサイクル「アンジェリーノアシスタ」
ゆったりとしたリクライニング、子どもの成長に合わせて調整できるフットレスト、頭部をしっかりと守るヘッドガードなど、プレミアムな「スーパーエンジェルシート」魅力。幼児2人同乗基準適合車のため、子ども2人+ママの3人乗りも可能。ワンタッチで走行モードを切り替えられ、バッテリー残量や速度も表示するメインスイッチ部も見やすくて便利です。ジュエルブラウンなどヨーロッパ調の落ち着いたカラー展開なのもうれしいですね。

■ブルヂストンサイクル「ハイディビー」
子ども1人乗せ用の安全設計だけでなく、パパも子どもと乗りたくなるスポーティなクルーザースタイルを採り入れた新発想の自転車。手元のレバーで簡単にハンドルをロックできるので、子どもの乗せ降ろしの際にも安心です。内装3段変速+スピードとギアを自動で感知するコントロールで、いつも最適な状態で走りをアシストしてくれます。チャイルドシートには雨にぬれても乾きやすく柔らかい速乾クッションを採用。

>>ハイディビー HY6L61 [T.X クロツヤケシ] + 専用充電器(価格.com商品ページへ)


■パナソニックサイクルテック「ギュット・ミニ」
子ども2人乗せの“3人乗り”にも対応した安全性の高いモデル。前輪・後輪共に20型の小径のオシャレなデザインは、ママも子どもも乗るのがうれしくなりそう。2011年キッズデザイン賞も受賞しています。特に急な上り坂や重い荷物を乗せたときのこぎ出し時に威力を発揮するドライブユニットを採用しているため、子どもを乗せて走る際も楽々。乗り降りがスムーズなフレーム、軽く踏むだけでOKのスタンド、明るいLEDビームランプなど、装備も充実しています。