電動アシスト自転車は有酸素運動に最適!

ハンドルの液晶スイッチには電池の残量や走行モードを表示するので安心して長距離を走ることができます

ハンドルの液晶スイッチには電池の残量や走行モードを表示するので安心して長距離を走ることができます

こぐ力を助けてくれる電動アシスト自転車では、楽をしてしまって運動にならないのではと考える人も多いことでしょう。ところが、意外なことに、電動アシスト自転車は健康面でのメリットがあるのです。

それは、スピードを出すほどアシストしなくなるため、“ゆっくり長く走れる”という特徴を生かし、無理なく有酸素運動を続けられるということ。有酸素運動とは、酸素を普段よりも多く取り込みながら行う、それ自体、楽しみながらできる運動です。充分に取り込んでいる酸素を使って、体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼することによって、ゆっくりとエネルギーを生み出します。乳酸を生じないために疲れが蓄積せず、途中からエネルギー源が徐々に体脂肪に切り替わっていくので、“脂肪燃焼”に役立つといわれています。

上り坂などがある道を走っている場合、普通の自転車だと負荷が掛かり、“有酸素運動”の域を超えたハードなものになってしまいがちですが、1/3の力ですむ電動アシスト自転車なら、汗をかくかかかないかというちょうどよい運動状態になるのです。

長く走れること=遠くまで行けること。景色を楽しみながら、これまで足を延ばしたことのないところにまで走って行きながら、有酸素運動できるなんて、ちょっとわくわくしませんか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。