撮影テクニックはたくさんありますが、ポイントを3つだけ覚えておくといいでしょう。いろいろ気にしすぎると、頭でっかちになり枚数を撮影できません。

1. 体を斜めにし、顔を正面に
2. 太陽を真正面や真後しろにもってくるのではなく、斜めから太陽が当たるように撮影する
3. 顔が暗かったら昼間でもフラッシュをたく

その3点だけ覚えておいて、あとは、いろんな背景に移動しながらパシャパシャと大量に撮影します。そのとき、○○さんと、声をかけながら撮影したり、楽しい話をふって笑顔の瞬間を撮影するなどです。

素人の方は笑顔の表情がどうしても硬くなりますので、撮影テクニックをいろいろ考えるよりも、その人の魅力をいかに引き出すかの話題図作りに頭を使った方がよいです。
そして、自然に笑顔がこぼれた瞬間にパシャパシャと連射で撮影しましょう。

プロは何百枚も撮影してやっと使える写真が1枚か2枚ある程度です。

これは、私が写真教室で撮影した写真です。たくさんの方が撮影するのでなかなかこちらを向いてもらえませんが、○○さんと声をかけて、振り向いてくれたところをパシャリと撮影しました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。