東京のお花見スポットなら、「日本さくら名所100選」の一つ「小金井公園」

 
東京にはすばらしいお花見スポットがたくさんあってどこをご紹介しようかと迷うところですが、2週間ほど前に行ってきたばかりで大変楽しめたということもあって、「日本さくら名所100選」の一つ「小金井公園」をご紹介します。

見ごろ時期は3月下旬~4月下旬。見られる桜の種類はソメイヨシノ、ヤマザクラ、カスミザクラ、オオシマザクラ、サトザクラなど、50品種計約1700本の桜が植えられています。私が訪れた4月の1週目はまだ肌寒かったのですが、ポカポカ陽気の快晴で桜もまさに見ごろだったので楽しくお花見ができました。なお朝10時台でも「空き地」が十分にあったのがちょっと意外でした。さすがに昼2時頃にはかなりの「ゴザ率」になっていましたが。なお「小金井桜まつり」という華やかなイベントが毎年4月上旬に行われますのでそれに合わせて行ってみるのも良いと思います。

またお花見が一段落すると、公園内に江戸時代から昭和初期までの文化的価値の高い歴史的建造物が展示されている「江戸東京たてもの園」(入場料大人400円)という施設があり、昔の神田の町並みや都電など趣きがあって楽しめるので時間がある方は寄って行かれるのも良いと思います。注意点としては、私が行った日は大丈夫だったのですが、通常土日祝の来園は、五日市街道が渋滞することが多いので、公共交通機関の利用が推奨されているようです。

■小金井公園
住所:東京都小金井市関野町1-13-1
 アクセス:JR中央線武蔵小金井駅から西武バス清瀬駅南口行きで7分、小金井公園西口下車すぐ(花見時期の週末は渋滞のため30~40分)
地図:yahoo!地図
TEL:042-385-5611
URL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。