「失踪HOLIDAY」 「しあわせは子猫のかたち」

<作品概要>
角川スニーカー文庫だが、ラノベっぽさは薄め。1冊で2度おいしい。「ああ、分かる分かるよ。その気持ち」と、頷くような作品。

「失踪HOLIDAY」 は、お金持ちの娘が主人公。継母と喧嘩して家出……するものの、家出先はなんと隣の建物。

「しあわせは子猫のかたち」は、不器用且つ根暗少年が主人公。一人暮らしを始めるが、なんと幽霊が住んでいた。


<おすすめの理由>
テイストがまるで違う2作だが、表裏一体だと感じる。なぜなら、それぞれの主人公は、「他者に分かってくれない悲しさ」が根底にあるからだ。

「失踪HOLIDAY」 は、親を試したくなる反抗期な子供の姿を、奇をてらわずストレートに描いていて魅力的。
主人公の無鉄砲さと愛らしい性格は、素直に感情移入できる。しかし、上記の通り、継母との確執を父が理解してくれないという、無理解で傷つく様は胸を打つ。

「しあわせは子猫のかたち」
は、もっと根源的な無理解によって傷を負った主人公が出てくる。生まれながらか、育ちのせいか、他者の好むような反応を返せない、ダメな人間だと思っている。自然体のままを受け入れてくれる幽霊に出会えて、ようやく吐露する主人公の言葉は、同年代のみならず、生き辛さを感じている人たち全ての心に響くのではないだろうか。

乙一と聞くと残酷で陰鬱な作風を思い浮かべる人も多いと思うが、今作は猟奇やグロ成分はゼロなので初心者へ安心してお勧めできる。



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で書籍を見る

Amazonで小説を見る