50年以上の歴史、全国駅弁コンクールで一位も取った
青森・八戸の駅弁「八戸小唄寿司」

 
青森県八戸市の「吉田屋」さんで販売の「八戸小唄寿司」がオススメです。

民謡「八戸小唄」にちなんで三味線をイメージし、容器は三味線の胴を型取り、切り分け用の白いプラスティック製のへらは三味線の撥(ばち)をイメージしています。発売が昭和33年との事で、50年以上販売している駅弁です。八戸近海産の鯖と紅鮭を丁寧に押し寿司にしてあります。付属のばちでお好みの大きさに切り食べます。全国駅弁コンクールで、第一位を取った駅弁です。

富山に「ますすし」がありますが、こちらは二種類のお魚の押し寿司ですので飽きが来ないで、ぺろっと食べれます。価格は1100円。八戸駅構内や、駅となりの地場産業振興センターなどでも販売。駅弁コンクールが各地で行われると、必ずエントリーされてますので、機会がありましたら、一度ご賞味下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。