STEP1 「こんなふうにしたい!」のイメージを明確に 

失敗のないインテリアを作るのに大切なのは、自分が目指したいインテリアのイメージを明確にすること。イメージがある程度固まっているつもりでも、具体的にコーディネートを考えてみると思ったほど明確じゃなかった、という事例は多いのです。

インテリアのテイスト変更、こうやればうまくいく

洋書やカタログを参考に、どんな部屋がいいのかをハッキリさせましょう。何もない空間が好き? 光の入り方が好き? 色合いが好み? イメージを明確にした結果、いいと思う部屋には必ずグリーンがある、という事実に気づいた場合は、グリーンの買い足しで済むかもしれませんよ?


本や雑誌でいいなと思ったお部屋の好きなポイントを言葉にできますか? 誰かにその良さを伝えられるほどなら、あなたのイメージはかなり明確。「なんとなく好き」レベルで終わるようだと、インテリアチェンジはうまくいきません。

まだ明確じゃなかった、という場合は、好みのインテリアショップに通ったり、そのショップのカタログを手に入れたりして、具体的なイメージを固めましょう。もちろん洋書をチェックするのもいいのですが、その場合はいざ小物や家具を買い替える段階になって「どのお店に行けばいいんだろう?」と困るかもしれませんので、情報収集も兼ねて、いろんなインテリアショップに出掛けることをおすすめします。

イメージが明確になったら、次のステップへ。