妊婦健診の助成で14回分の妊婦健診が無料に

国がのぞましいとしている妊婦健診の回数は15から16回。妊婦健診は、健康保険がきく3割負担ではなく、10割負担になるため、全額を払うとかなりの出費になります。そこで妊娠を確定させる初回検診を除く14回分の助成をしてくれるのがこの制度。自分で申請をしないともらえないので、忘れないようにしましょう。

里帰り出産する場合は、自治体が異なると妊婦健診助成の受診券は使えなくなります。ただし、戻ってきたときに換金できるようになっているので、受診券はまさに金券と同じ! 使えないと思って捨てたりしないで、きちんと取っておきましょう。申請期間は出産後6ヵ月や1年などと決まっているので、里帰りから戻ってきたら早めに申請しておくと安心です。

●どんな制度?
妊婦健診費14回分の一部、または全額を助成する制度。

●どんな人がもらえる?
各市区町村に住民票があり、妊娠が確定した人。

●いくらもらえる?
無料で受けられる検査項目や上限額などは、自治体によって異なる。妊婦健診15回を受けた場合で、おおよそ2~3万円程度の自己負担で済むケースが多い。

●どうやって申請するの?
住んでいる市区町村の役所の窓口(保健所などが窓口の場合もあり)で、妊娠届を提出するともらえる。医師や助産師の証明が必要な場合もあり。

●申請する時期は?
妊娠確定後、医師や助産師の指示が出たら。

次のページは、出産育児一時金で42万円がもらえる!です。

取材・文/西山美紀 監修/畠中雅子(ファイナンシャル・プランナー) イラスト/本山浩子


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。