「年少扶養控除」廃止で増税の家庭も

お気づきでない人もいるかもしれませんが、0歳から15歳までの「年少扶養控除」が廃止されたことにより、0~15歳の子どもがいる家庭では税金がアップ。2011年1月からすでに所得税が上がっていて、2012年6月からは住民税が上がります。

0~15歳の子どもがいる家庭は、「児童手当」として、子どもが3歳未満なら1万5000円、3歳~中学生までは1万円(第3子以降が3~12歳の場合は1万5000円)をもらえますが、1万円や1万5000円もらったとしても、実は大部分の人が、税金アップ分と差引マイナスになってしまうのです。
1万円や1万5000円もらったとしても、実は大部分の人が、税金アップ分と差引マイナスに

1万円や1万5000円もらったとしても、実は大部分の人が、税金アップ分と差引マイナスに

子どもが生まれてすぐ~小学生6年生くらいまでは、教育資金がそれほどかからないため、一番の貯め時です。子どもの年齢が上がり、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と進むにつれて、教育資金がかかるようになります。早いうちに私立に通わせようと思うと、公立に通わせた場合の2倍以上のお金がかかります。いざお金がかかる段階になって慌てないために、しっかり貯めていきたいですね。

子どものお金どう貯める? 次ページで「コツ」をお伝えします!

取材・文/西山美紀 監修/畠中雅子(ファイナンシャル・プランナー) イラスト/本山浩子


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。