離婚にまつわる話し合いは心身を消耗させる

離婚にまつわるストレスやエネルギーの消耗を軽減するためにも「お試し別居」に踏み切る夫婦が増えています

離婚にまつわるストレスやエネルギーの消耗を軽減するためにも「お試し別居」に踏み切る夫婦が増えています

「別れよう」というひと言を夫婦どちらかの口から出た途端、二人の関係が重苦しいものに変わってしまうというケースはよくあります。とくに、夫婦の一方が離婚に同意をしそうにない場合であればなおさら、話し合いの結論が出るまでの間は家庭が「針のむしろ」になってしまうこともあるでしょう。

離婚にまつわる話し合いは、たとえそれが修復に向かうとしても、重苦しい雰囲気になってしまうものです。シングルのときの男女交際とは異なり、結婚には責任もともなうため、「愛情がさめたから別れよう」というわけにはいきません。

昔から、「離婚にはエネルギーが必要」といわれていますが、これは真実です。結婚するときは、将来に向けてのおしゃべりがキラキラと輝いて楽しかった反面、離婚に向けた話し合いは正反対。お金や住まい、仕事や子どものことなど現実的な問題をひとつずつ解決していくことはとても心身が消耗することだからです。


冷静な判断はできる「お試し別居」

話し合いが煮詰まって、答えを出せそうにならないところまで追い込まれてしまったとき、私がおすすめしているのは「お試し別居」です。「お試し別居」とは、本格的な別居ではなく、あくまでも拠点を自宅に残しつつ、一定の期間、夫婦のどちらかが家を出て暮らすことを意味します。

離婚か修復か、この先の自分人生をしっかり見直すためには、冷静に考えて正しい判断をしなくてはなりません。やけになって決定したことにより後で後悔してもはじまりません。「お試し別居」で相手と距離を置いて生活をしてみることにより、自分を客観的に見ることができるのです。

実家やウィークリーマンションを活用した「お試し別居」

一般的な「お試し別居」としては、妻が自分の実家に身を寄せるという方法です。気心知れた家族であれば、離婚についてのシリアスな話題が中心にならずに済むという面もあるので、たまっているストレスを軽減できるリラックス効果もあります。

実家に身を寄せることが不可能な場合は、ウィークリーマンションなど短期契約できる物件を借りるという方法もあります。最近では、備え付けの家具が完備されていたり、初期費用が比較的安くなっている物件も増えています。

>>次のページでは、「お試し別居」のメリットとデメリットを紹介します!