お産を終えたら、それはゴールではなく、育児のスタート。でも、多くのお母さんにとって、初めて接する赤ちゃんとの生活は、わからないことの連続です。

また、一日に何度も泣いておっぱいを飲ませたり、おむつを替えたりする生活は、一生懸命にやればやるほど、疲れてしまいがち。子どものためにがんばらなくちゃ、と思うことは、お母さんのストレスにもつながりかねません。

力を抜けるところは、上手に抜いていくのが、お母さんも赤ちゃんもハッピーな育児生活を送れるコツ。そこで、お母さんたちが大変に感じがちな「おっぱい」を楽にする方法として、以下の3つを比較してみましょう。
  • 授乳ケープを使っての授乳
  • 授乳服を着用しての授乳
  • どちらも使わず工夫で乗り切る

授乳ケープを使っての授乳

授乳ケープ

授乳ケープにはさまざまな素材や種類がある

授乳ケープとは、授乳のときにはだけた胸が見えないように隠すためのケープです。大きな布で隠すようになるので、モノによっては、赤ちゃんを中に入れるようになってしまい、暑かったり圧迫感で赤ちゃんが嫌がることがあるので、できれば赤ちゃんの顔が見えるものがいいでしょう。最近では、上部が透ける素材のものや、ワイヤーを入れて隙間をあけて、赤ちゃんの顔が見えるような工夫をしているものがあります。

授乳ケープの良いところは、いろいろな服に組み合わせることができるので、1枚で使いまわせば経済的であること。欠点は、赤ちゃんが泣いてからケープをつけるので時間がかかってしまうこと。また、大きな布を使うので、授乳していることが、周りの人からわかりやすい、ということがあります。

授乳服を着用しての授乳

授乳服

赤ちゃんがほしがったらすばやく授乳できるのが授乳服のよいところ

授乳服とは、服そのものにスリットなどで開口部を作り、授乳しやすいように作られた服。布を重ねるなどの工夫で、胸が隠れるような機能がついているものもでしたら、外出先や、親戚の方などの前でも、お互い気兼ねなく授乳することができます。赤ちゃんの顔も見えるものが多く、さまざまな工夫がこらされたものが出ています。良いところは、さりげなく授乳できるので、周りの人に気づかれにくいこと。また、比較的 素早く授乳できるものが多いので、赤ちゃんを待たせないで済みます。

欠点は、服なので、洗い替えに何枚か用意するとなると、コストがかかってしまうことです。


>> 授乳ケープも授乳服もどちらも使わずに、工夫で乗り切ることは可能?