家づくり、何から先に決めていけばよいのか?

気をつけるポイントは何があるのか?とにかく何もかも初めての体験です。満足のいく家づくりとスムーズに工事を進めるためには、どのような点に気を付けておけばよいのでしょうか。「家づくりのだんどり帳」と題し、前編・中編・後編の3回にわたって家づくりの流れを解説していきます!


家づくりの流れ

1. イメージづくりと資金計画
なんといっても初めにすることはどんな家を建てたのかを話し合い、イメージや要望を書き出しておくことです。その上で資金計画もあわせて考えます。準備できる自己予算はどのくらいなのか、住宅ローンで借りられる金額はどのくらいなのかを確認することです。


2. 依頼先と土地探し
家づくりのイメージや予算がまとまったら、次は建築の依頼先や土地探しのスタートです。なかには、まず土地を探してそれから依頼先を探す方もいます。全体の流れとしては土地を確保してから依頼先となりますが、依頼先によっても予算は変わります。全体の予算だけはあらかじめ立てておかなければ、前に進むことができません。


3. 依頼先の決定と契約
依頼先は大きく、建築家、ハウスメーカー、工務店の3つに分けられます。それぞれ特徴があります。自分たちの考え方や予算などを考慮しながら決めていきましょう。工期は依頼先によっても大きく違います。このあたりは特に留意しながら決めていくことがもっとも重要なポイントです。


4. 工事と入居
工事が始まる前には工事関係者と近隣へのあいさつ、さらに地鎮祭や上棟式など契約時に打合せをしておきます。竣工すれば検査に立ち会い、不具合がなければ引き渡しとなります。

地鎮祭

地鎮祭