アルコール依存症のリスクとは?

アルコール依存症は生活環境の激変時に気をつけたい、心の病気の一つ。気持ちが落ち込みがちな人は、悪循環の罠には気をつけて!

いよいよ2011年も終わりに近づき、まもなく2012年。年末、年始は飲酒の機会は多いもの。寒さが厳しくなってきた事もあり、飲酒への誘惑が増している人も、いらっしゃるでしょう。ここで是非、頭に留めておきたい事は、アルコールには依存症のリスクがある事です。

ところで、チリ落盤事故は覚えていらっしゃいますか? 世界中の人が注目した大事件でした。事後談で、無事、地上へ生還されたにも関わらず、落盤事故の後遺症として、アルコール依存症に苦しむ人がいた事をニュースで見聞きしたかもしれません。

今年は、自然災害の恐ろしさが身にしみた一年でもありました。大きな自然災害は、心の病気の原点になる事があり、アルコール依存症もその一つ。今回は、アルコール依存症のリスクについて詳しく解説します。

まず、アルコール依存症は病気である事を知っておいて! 

少量の飲酒は、心の緊張を取るだけでなく、心血管系にも良いという説もあり、一概に飲酒を敵視できません。実際、多くの方はアルコール依存症とは無縁で、上手に飲酒していますが、少数の人は飲酒量のコントロールに問題が生じてしまい、朝から一杯やらざるを得ないほど、アルコール無しでは生活が回らない事があります。これがアルコール依存症です。

上手に飲酒している方から見れば、あたかも酒におぼれているかのように見えてしまい、「意思が弱い」「だらしがない」と、ネガティブな印象を抱くかもしれませんが、これは大きな誤解です。実は、本人の脳内環境が変化してしまった為、もはや自分の意思で飲酒をコントロールできません。アルコール依存症は、アルコールを断つ為に治療が必要な、深刻な病気である事を是非、認識しておいてください。

アルコール依存症のリスクは、実は遺伝的要因が最重要! でも、それだけでは……

アルコール依存症は、多くの心の病気と同様、複数の要因が複合的に関与して発症します。発症要因の中で、もっとも重要なものは、実は遺伝的要因。遺伝的要因はDNAレベルで定まる生物学的要因で、簡単に言えば、アルコールへの依存を生じやすい脳内環境は、ある程度、DNAレベルで定まっています。

遺伝的要因の有無を調べる研究方法の代表的なものとして、遺伝子が全く同じ双子が、別々の家庭で育てられている状況での、統計調査があります。その種の調査報告はどれも、アルコール依存症の遺伝的要因の重要性を示唆するものです。遺伝子が全く同じ双子の一人にアルコール依存症が見られる場合、別々の生活環境下で暮らしている、双子のもう一人にもアルコール依存症が高率に見られます。

もっとも、双子のもう一人が全員、アルコール依存症を発症する事が無い事からも、アルコール依存症は必ずしも遺伝的要因だけで発症するのではなく、社会環境的要因、心理的要因も重要な事が分かります。

気持ちが落ち込みがちな人は、悪循環の罠には気をつけて! 

飲酒が不可欠な生活環境であるか否か、そして飲酒開始年齢もアルコール依存症の発症リスクになります。特に、脳の発達が未完了な10代での飲酒開始は、脳内環境への悪影響が成人より強くなりやすく、アルコール依存症のリスクが高まります。

また、生活環境のストレスなど心理的要因もアルコール依存症の発症に深く関わっています。特に、東日本大震災後のように、生活環境の激変時には、心のケアをしっかり意識していきたいものです。もしも飲酒が、気分の落ち込みを和らげる手段になっている場合はアルコール依存症に要注意! 少量の飲酒は心の緊張を取りますが、その効果は一時的。飲酒量が増えれば、かえってイライラは増し、抑うつ症状は悪化していきます。それで、再び飲酒が必要になる悪循環に陥りやすくなるからです。

ところで、先の見通しが、なかなかつきにくい、今日のような厳しい時代では、日常生活上、突発的に厄介な問題が生じる事があると思います。そうした折、もしも悪循環の罠にはまれば、飲酒をされる方は誰もが、アルコール依存症を発症する可能性はあると思います。抱えている問題は時に解決困難に思える事があるもの。でも、心の問題を自分一人で抱え込むのは、心の健康にNGである事は知っておきましょう! その問題が実態以上に大きく見え、心の苦しみが増してしまいます。大切な心のケアは、話す事で心のガス抜きをしておく事! つまり、愚痴をこぼせる機会は逃さない事ですが、その際は……是非、お酒抜きで、お願いします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項