3位 親子つながり・兄弟つながりを重んじる

両親や祖父母から一字を受け継ぐという王道はもちろん、親子や兄弟で1字・イメージ・音を揃えるなど家族つながりの手法はさまざま。参考になるアイディアがたくさん集まりました!
  • 凌(りょう):父親が漢字一文字で、同じ一文字がカッコイイと思った。また私が前からあこがれていた名前がりょうで、カッコイイと思ったので変わった字にしてみた。(30代男性)
  • 陽大(ようた):でっかい太陽みたいな男になるように。大(た)は上の子も使っているのであえて太ではなく大で。(30代女性)
  • 勇大(ゆうだい):お父さんの名前の一文字『勇』を使って、何事も大きくなるように。(30代男性)
  • 稜登(りょうと):自分の名前が「綾子(あやこ)」で、「綾」は「りょう」とも読めるので、「りょう」の付く名前にしたかった。あとは画数で漢字を決めた。(20代女性)
  • 晴太(はるた):上の子の名前が天汰(てんた)で、二人合わせて天晴になるね、と軽い気持ちで話していたら、それ以外の名前が浮かんでこなくなったので決定しました。晴れた日のお日様のように元気でぽかぽかな感じの男の子になってほしいという気持ちをこめてます。(30代女性)
  • 隆正(りゅうせい):長男は父親の名前を一字もらったので、次男は母の私の父親(祖父)から一字もらいました。もう一つの漢字は、姓名判断で総合的に画数の良くなる物を選びました。(30代女性)


  • 昴:上の子が「響」なので、兄弟の感じがでるような漢字1文字の名前にしました。輝く子に、そして大切な人が集まってくるように「昴」と名付けました。(30代女性)
  • :長男・夫ともに名前が漢字一文字なので、同じように一文字で考えました。朝日の様に、いつもキラキラ輝きまわりを明るく照らせる様につけました。(20代女性)
  • 愛里(あいり):両親共に、「里」という字が入っているので、里を付けたかったから。(20代女性)
  • 瑛斗(えいと):お姉ちゃんがナナなので次は八(えいと)にしました。みんなに簡単に覚えてもらいたい為。(30代男性)
  • 亜樹(あき)・里紗(りさ):パパが「まさあき」ママが「ゆかり」なので名前のなかから音を拾って。(30代女性)
  • 洸太(こうた):上の子たちに空を意味する字、海の字が入っているので、単純に陸、ではなく『広さ』から陸を感じてもらえるような名前をと考えました。(30代女性)
  • 絢翔(あやと):上の子に「翔」が入っているので兄弟で1文字を合わせた。字画も配慮。きれいな織物を紡ぎ出し、羽ばたく意味を込めた。(30代女性)
  • 花那(はな):上の子が真希歩(まのあ)とハワイ語(ハワイの地名)で付けたので、下の子もハワイの町の名前から取りました。(30代男性)
  • 光貴(みつき):父親が自分の父親から、漢字一字をもらい、息子には父親からもう一方の字の「光」をもらってつけました。受け継がれてゆくという意味を込めました。(20代女性)
  • 史弥(ふみや):長男に由弥(ゆうや)と名付けたので、兄弟で終わりを揃えてあげたらかわいいかなと思ったので。(30代女性)