毎日通いたくなるグルメスポット

code kurkku

コンテナが軒を連ねる道の先に『code kurkku』が現れます

pour-kurのピザ

焼きたてを狙いたい!

『pour-kur』は、藤沢市辻堂にあるパンの名店・POURQUOI?の姉妹店。自家製の天然酵母による低温長時間製法のパンにはファンも多く、主力商品・レトロバケットを使ったサンドイッチなども販売予定です。石窯で焼き上げたばかりのピザをいただきましたが、クリスピーな生地も具も忘れられない美味しさ! このピザのために代々木VILLAGEに通いたいと思わせる逸品です。

 

ラテアート

お店で飲む場合はラテアートをしてくれます

『Roots & Beat coffee』は作り手の顔が見えるコーヒー豆を厳選して取り寄せ、世界最高レベルのエスプレッソマシーンで提供してくれるコーヒースタンド。

マシーンは温度など細かく調整できるので、バリスタの方は「その日の気分やお好みなど、色々話しながらご注文ください」と話していました。

そして代々木VILLAGEの中心的存在、イタリアンレストラン『code kurkku』。京都の有名イタリアン・イル ギオットーネの笹島保弘シェフがフードプロデュースし、デザイナーの片山正通さんが空間を作り上げ、小林武史さんとプロデューサー・大沢伸一さんが「心地よさの最高峰の音」を追求して作り上げたミュージックバーも併設しているレストランです。小林さんによると「昔ニューヨークで行った中規模のホテル」のイメージだそうですが、たしかに清潔感のあるシックな装いのレストランは、大人にこそ似合う空間です。

code kurkku のディナーメニュー

「香ばしく炭火で焼いた岩手県産豚ロース たっぷり秋野菜と雑穀のリゾ」

お料理はどのお皿もサーブされた瞬間「わぁ~きれい!」と歓声が上がるほどカラフルで見目麗しいものばかり。味もすばらしく、またボリュームもあるのにお手頃な値段(ランチ1200円~、ディナー5000円~)で、大変お得な気分にもさせてくれるレストランです。

「この新たなプロジェクトは、環境のことやサステナブルを意識するのはもちろんなんだけど、もっと『面白さ』や『グルーヴ感』を出したいと考えていました。そうしたら、大人が本気で楽しんでいる感じや、それゆえのこだわりというのがどんどん生まれてきました」。小林武史さんがそう語る代々木VILLAGE。一歩足を踏み入れると、今まで見たこともない空間に驚かされ、わくわく感が高まるニュースポットです。

<DATA>
代々木VILLAGE by kurkku
住所:東京都渋谷区代々木1-28-9
TEL:03-5302-2073
営業時間:店舗により異なる
定休日:不定休
アクセス:JR『代々木』駅より徒歩2分/
都営大江戸線『代々木』駅より徒歩1分


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。