もうすぐ会える愛しのベビーに、どんな名前を贈りますか? 先輩パパ・ママの名付けテクを、たっぷり紹介します!

音が持つ雰囲気を大切にしたいから 好きな「呼び名・響き」からチョイス

音の響き、音韻のイメージを重視した名付けは、以前に比べてぐんと増えて、今では主流の一つとなっています。特に、女の子の名付けで圧倒的に人気のある方法。毎日、何度も耳に入ってくるものと考えると、こだわることにも納得がいきますね。やわらかさ、さわやかさを意識した名前が多いのも特徴です。

【Girl's name】 「やわらかい音」を選びました!

  • 奈々/なな:苗字が固いイメージなので、やさしく、誰からも呼びやすい音にした。漢字は字画を調べて良いものを選びました。(20代・女性)
  • 帆奈/はな:やわらかい響きがよかったので、合う字を探しました。生まれた日がとてもよい天気だったので、南へ漕ぎ出す船をイメージして「帆南」とつける予定でしたが、「南」が硬い印象だったので「奈」の字を使いました。(30代・女性)
  • 爽/そよ:音の優しいイメージで爽(そよ)と付けました。私も主人も漢字一文字の名前なので、子供にも一文字に。私の名前が操(みさお)といい、強いイメージがします。実際、仕事などでもリーダー的存在になることが多かったように思います。ただ、私自身はおっとりしたやわらかな女の子にとても憧れていました。「そよ」という名前には私のそんな女の子像を込めました。(30代・女性)
  • 心優/みひろ:女の子なのでやわらかい雰囲気の名前にしたかったのと、この字の通り、心の優しい子に育ってほしいという願いを込めました。(30代・女性)
  • 陽菜子/ひなこ:ひな祭りが近いことと、音の響きから「ひな」を使いたかったので、太陽の明るいイメージの「陽」と季節から菜の花の「菜」に、カ行の「子」を付けてかわいいだけでなく引き締まる響きにした。(30代・女性)

【Girl's name】 「きれいな響き」で決めました!

  • 優果/ゆうか:響きを決めてから字をあてました。胎児異常で生まれてきたため未来に希望のある漢字を使いたかったので止め字を「果」に。(30代・女性)
  • 里奈/りな:名前の響きと字画がよく、漢字は派手じゃなく控え目で、でも今っぽい名前だったので「里奈」にしました。あと、嫁の“里”が“奈良”なので(笑)。事実です。(30代・女性)
  • 芳歌/よしか:「よしか」という響きが気に入り、漢字は名字に合う画数をだしてもらって、それに当てはめて、いくつか候補をあげて決めました。意味は正直に言って重要視していませんでした。 ステキな歌のような人生を歩んでほしい、というところです。(20代・女性)
  • 葵瑚/リコ:リコという響きを妊娠中から決めていて、画数の良い漢字をあてました。向日葵の「葵」で「り」という読みに。無理矢理だけど、太陽に向かってまっすぐ咲く花から、素直な子になってほしいという願いと、珊瑚礁の「瑚」で、きれいな海にしか生息しないことから、周りの人達に癒しを与えるような優しい子になってほしいという想いを込めました。(20代・女性)
  • 美玖/みく:響きから「みく」に決めていました。その後、漢字に迷ったのですが、美しくなってほしいという願いから『美』と、『玖』=「黒い石」という意味ですが、最初は何にもないところから自分を磨いて成長してほしいという願いを込めました。(20代・女性)

【Boy's name】 「さわやかで馴染みやすい音」を選びました!

  • 優太/ゆうた:目で見て耳で聞いて誰もが男と判る名前で、良い意味をもつ漢字を使いたかった。やさしく、すぐれた人にという想いと、やさしい顔立ちだったので決めました。(30代・女性)
  • 柊太/しゅうた:呼びやすい名前をと思い、「しゅうちゃん」と呼べる名前にすることにして、まず音から決めました。文字は、上の子同様、生まれた季節の季語から、そして、その花言葉も“先見の明”である「柊(ひいらぎ)」の文字を選びました。(30代・女性)
  • 柊介/しゅうすけ:好きな漢字、意味をこめる、等いろんな角度から名前の案を考えましたが、難航。結局、呼びやすさと呼び方のバリエーションも多い「しゅうすけ」と言う名前に、響き重視で決定しました。漢字は産まれた日が「大寒」だったこともあり、冬らしい「柊」の字をあてました。(30代・女性)
  • 航己/こうき:漢字2文字で音が3つの名前にしたかった。名字が珍しく、迫力があるので、強すぎず弱すぎずの名前にしたつもり。字画も完璧。(30代・女性)
  • 智貴/ともき:呼びやすく、響きがいい簡単な名前だから。漢字は、智恵を持って大きくなってくれることを願って、「貴い子」という理由でトモキにした。(30代・女性)

【Boy's name】 「スケール感のある響き」で決めました!

  • 奏太/かなた:響きがよかったから。男らしい「太」の字に、繊細な字の「奏」を組み合わせました。「ソウタ」の読みでは、サラッとしすぎる気がしたので、敢えて「カナタ」の読みにしました。(30代・女性)
  • 悠生/ゆうき:ユウキという名前の響きが気に入っており、おおらかに育ってほしいという願いと字画から「悠生」と名付けました。(30代・女性)
  • 遥太/ようた:柔軟で心の広い大きな人間になってもらいたいと願いを込めて。呼びやすくて、あまりとがった感じのしない響きの名前にしました。(30代・女性)
【NEXT】使いたい「文字」をリストアップ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。