もうすぐ会える愛しのベビーに、どんな名前を贈りますか? 先輩パパ・ママの名付けテクを、たっぷり紹介します!

パパ・ママの、お気に入りだから 使いたい「文字」をリストアップ

「好きな意味を持つ」「特別な思い入れがある」などの理由から、文字をベースに考えたという意見も多数。辞書を片手に、気に入った漢字をピックアップしていくのもよい方法です。親の一字や部首を取り入れるというやり方は、特に男の子の名付けで好まれる傾向。兄弟でつながりを持たせる名前にこだわるケースも見られます。


【Girl's name】 「思い入れのある一字」を使いたかった!

  • 絢音/あやね:母親がずっとピアノをやっているので、音にまつわる字を使いたかった。 姓名判断も気にしてこの名前になりました。(20代・女性)
  • 真結子/まゆこ:「女の子だったらどうしても『子』がつく名前にしたい!」という夫の強い希望があったので、「子」がつく名前のみで考えました。やわらかく女性らしい響きの「まゆこ」と決め、まっすぐに育ってほしいという意味で「真」の字、人との結びつきを大切にしてほしいという意味で「結」の字を使いました。(30代・女性)
  • 悠乃/はるの:「悠」の字を使いたかった。「悠」一文字だと占いの結果がよくなかったので、日本っぽい「乃」という字を足しておしとやかなイメージにした。(30代・女性)
  • 梨咲子/リサコ:「子」を絶対使いたかったのと、「梨の花」の季語が春であることから(3月8日生まれなので)。また「梨」の字には、上品さ・雅さを感じ、さらに花言葉が「博愛」とか「凛とした」というような意味を持っていたので、品があり、誰にでも優しくできる、ひろい心を持った、自立した女性になってほしいという願いをこめて、「梨咲子(リサコ)」とした。(40代・男性)

【Girl's name】 「自然にまつわる文字」を入れたかった!

  • 小雪/こゆき:読みやすい名前が最低条件。季節や自然を表す名前で、女の子らしく、また、上の子となんとなく響きがおそろいの名前をつけたかった。両親や上の子の名前の中に「昌・夕・月」と空の様子を表す漢字が入っているので、「雪」という字を入れた。生まれるまで名付けに迷っていたが、陣痛が来たときに小雪がちらついていたので即決定!(30代・女性)
  • 美宙/みひろ:風が強く、星のまたたく夜に生まれたので字はそのイメージでつけた。夫が「ヒロシ」、私が「ヒロコ」、長女に「マヒロ」とつけたので「ヒロ」のつく名前にしたかった。(30代・女性)
  • 莉木/ちあき:呼び名はパパが担当、「木」は絶対条件でした。上のお姉ちゃんの名前は「響木」。ちなみに、しっかり地に根好き 光り浴びて 天まで伸びてほしいという想いから。「莉」はジャスミンに使われている漢字。ジャスミンのように気品、優しさ、その花のようにと決めました。「あ」はあて字です。(20代・女性)

【Boy's name】 「好きなひと文字」を使いたかった!

  • 創瑛/そうえい:「創」という漢字の意味が好きだったので、この字と組み合わせる名前を考えました。また、漢字の持つ意味を重視し、意味のある名前にしたかったので。「瑛」という字の持つ意味と組み合わせ、“純粋な心を持ち、何か(形がある無しを問わず、新しい何か)を生み出していこうとする、前向きな心とガッツある気持ちを持つ子供になってほしい”という願いを込めました。(30代・女性)
  • 琉聖/りゅうせい:「聖」の字を使いたいと主人の希望があり、それをもとに考えました。2人でネットの名付けを見て、「りゅうせい」という響きがかっこよく感じたので、決めました。(30代・女性)
  • 志音/しおん:父親(主人)の職業が音楽関係であることから「音」の字を。外国の方にも発音しやすいこと、そしてできれば音楽を楽しめる子供に育ってほしいことから名付けました。(20代・女性)
  • 拓真/たくま:「拓」という字が気に入っていたので、「真」という字と合わせて「真実を拓く」という意味を込めた。(30代・女性)
  • 玖遠/くおん:自分のラッキーナンバー・9の「く」をつけたかった。それにあわせて、自分の母親の「久」、父親の部首である「しんにょう」を使って考えた。結果的に、9日に生まれたので、誕生日も覚えやすいです。(30代・女性)
  • 銀士/ぎんじ:最初は主人の意向で「銀」にしようと思ったのですが、それだけじゃ寂しいので色々考えた末に響きもいいしカッコいいという理由で武士の「士」を追加しました。周りからも男の子らしい!渋い!などと好評です。名は体を表すという言葉のせいか、日に日に男らしい顔つきになっています。(20代・女性)

【Boy's name】 「家族のひと文字」を入れたかった!

  • 海翔/かいと:主人の名前が3文字で最後の文字が「と」なので、それに合うような名前にしたかった。活発で明るく男の子らしい「かい」という字をくっつけて「かいと」。漢字は海が好きなので「海」、将来世界中を翔び回れるようなグローバルな大人になってほしいので「翔」で「海翔」にした。(30代・女性)
  • 有輝/ゆうき:長男が直輝(なおき)なので、「輝」つながりにしたかった。「ユウキ」という音の響きが一番気に入ったので。(30代・女性)
  • 孝信/たかまさ:代々受け継がれている「信」の字を使った名前にして親孝行したかった(おじいちゃんの望み)のと、占いの結果が良く、漢字のもつ意味合いが良い「孝」をつけて「孝信(タカマサ)」とした。(30代・女性)
  • 翔一/しょういち:部首に「羊」が入った漢字を使いたかった。両親とも名前に入っていたのと、昔から「羊」には「豊かな」と言う意味があると知っていたから。何でも良いから自分なりの一番を見つけて羽ばたいてほしい、そんな意味を込めて「翔(はばたく)」「一(オンリーワン)」とした。(20代・女性)
  • 結士/ゆいと:>両親の名前の読みから1音ずつ「ユ」と「ト」をとった。人気の「ゆうと」は周囲と重なりそうなので避けた。画数で漢字を探した所、「結」は縁起の良い意味が多く、「士」は男らしいとの意味。男らしく、そして人と人を結ぶような人物に育ってほしいという想いから付けた。(30代・女性)
  • 琥珀/こはく:父親が「直樹」、母親が「梢」、ペットの犬が「花」という家族の名前から、木のイメージの名前を付けたかった。私たちの宝物という意味もこめて「琥珀」にした。(30代・女性)
【NEXT】こんな子に育つよう「願い」を込める
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。