秋田内陸線の魅力

内陸線の列車

内陸線の列車

カラフルな内陸線の列車

カラフルな内陸線の列車

秋田県内陸部、秋田新幹線の角館駅とJR奥羽本線鷹ノ巣の間94.2kmを南北に縦貫する秋田内陸縦貫鉄道の秋田内陸線は、旧国鉄角館線と阿仁合線を引き継ぎ、両線を結ぶ新線を開通させて、1989年に全線開業となった第三セクター鉄道である。

マタギ(山中でカモシカやクマの狩猟を行う狩人の群れ)の里といわれる人口の少ない山間部を走るため経営は苦しいが、沿線住民の足として懸命に走っている。山間部は車窓の見どころも多く、秋は紅葉が美しい。冬は寒さが厳しいものの、雪に閉ざされた銀世界を行く列車の旅には独特の旅情がある。ぜひ、一度は訪れてみたい路線である。

ごっつお玉手箱列車とは

ごっつお玉手箱列車

ごっつお玉手箱列車(角館にて)

内陸線には、秋から春にかけて「ごっつお玉手箱列車」というユニークなグルメ列車が走っている。グルメというと懐石料理やフレンチといった高級なものを連想しがちだが、内陸線の列車は一味違う。沿線の農家のおばちゃんたちが愛情をこめてつくった素朴で飾り気のない手料理を持ち寄って車内でもてなしてくれる実に温かみのあるものなのだ。どんなものなのか、実際に列車に乗って味わってみよう。