結婚できない人が増え続けていると言われて久しい。その理由もさまざまなものが挙げられているけれど、リアルなところ、「既存の結婚の形」にははまれないから、結婚が遠のいているのだとおもう。

欲張りに生きてきた、30代、40代は、結婚したいと思いながらも、ちゃんと恋愛もしたいし、趣味も旅行も楽しみたいし、何より仕事で面白いことを成しておきたお。
だから、どのタイミングでどんな結婚をしたらいいのかいまいち分からないし、1人の生活が安定しているひとならば、結婚したら生活レベルを落としてしまいそうなのも怖い。

一方、20代はまた別で、恋愛力(人を好きになる力)がないゆえに、結婚にまで至らない人が増えている。

新しい結婚のかたち

事実婚

事実婚というかたちをとる人も増えています。

そんな閉塞した状況を打破してくれるのが、既存の型にハマらない結婚だ。ここ10年間、(法上では何も変わらないものの)メディアでは、さまざまな結婚の形が提案されているし、実際に、それを実行している人も出てきた。

周囲でも、さまざまな欲望や迷いを抱きながらも、結婚している人は、既存の形に捕らわれずに、自分にしかない結婚の形を手探りでさがし出し、育てている。

別居婚、週末婚、先月、All About上で対談させていただいた桜沢エリカさんのような、主夫婚も増えている。いずれも、現在の仕事やライフスタイル、この先の人生の優先順位を考えた上で選択されたオーダーメイドの結婚のカタチだ。

ここに挙げたものに関わらず、さらなる新しい結婚の形を、自ら創造してみること。そのためには、自分の頭の中に結婚に対するさまざまな知識と引き出しを持っておきたい。たとえば、海外のさまざまな国における、新しくてユニークな結婚制度を知ってみる。