旅は愛を深めるというけれど……

201109

旅で愛を深めるはずが逆効果になっていませんか?

旅と言う非日常は、愛が深まるチャンスがたくさんあります。一緒においしいものを食べたり、美しい景色に感動したりといった「共体験」を積み重ねることは、会話の話題が増え、パートナーとの絆を強くする効果があります。たとえ道に迷ったり、大雨に振られたりなどの多少のトラブルも、一緒に困難を乗り越えることで、パートナーの意外な一面を発見したり、相手の素晴らしさに気付く効果があります。

そんな、いいことだらけのような「旅」ですが、長い時間一緒にいるだけに、普段は気にならないことが目につくこともあります。あるいはいつもと違う場所で「え、こんなことをするの!?」といった、ガッカリな一面を発見してしまうことも……。そこで今回は、「旅先で愛が冷めるパートナーの言動ワースト5」を、妻側、夫側の両方からヒアリングした結果をご紹介しましょう。
 

妻が選ぶ「夫に愛想を尽かす旅先の行動ワースト5」

1.妻の運転に文句をつける
最近では女性のドライバーも増え、旦那様と交代でハンドルを握ることも多いかもしれません。そんな妻ドライバーが最も嫌うのが助手席の夫の「上から目線の態度」。ブレーキのかけ方、車線変更などをいちいちチェックし、「ほら、そこは○○しないとだめだろ」「下手だなぁ」など、上から目線で指導したり、文句を言う旦那様が少なくありません。慣れない旅先の道で緊張して運転している妻に浴びせる冷たい言葉に、妻の心もどん冷えになっていくのです。

2.ホテルや旅館の従業員への態度が横柄
理不尽な要求をしたり、横柄な態度をとるなど、「こっちは金を払ってるんだから」と言わんばかりに、旅先で威張るだんな様がいます。社会的に地位が高い人ほど物腰は丁寧なもの。ここぞとばかりに態度が大きくなるような心の狭い旦那様に「小さい男……」と妻は感じてしまうのです。

3.部屋を片付けない
脱いだ服は散らかしっぱなし、荷物は広げっぱなしな旦那様にも「もう二度と一緒に旅行に行きたくない」と妻たちからの声が集中しています。たとえ一泊しかしない部屋でも、気持ちよく過ごすにはある程度の片付けが必要です。身の回りの物の始末を旅先にまで妻にやらせる旦那様は、猛省が必要です。妻は旦那様のお世話をするために一緒に旅をしているわけではありませんから。

4.朝からビールを飲む
オフタイムの旅行、くつろぐのはもちろん構わないのですが、朝からいきなりビールを飲んでしまうような夫にはやはり、引いてしまう妻の皆様が多いようです。「朝から酒臭い人と一緒に歩きたくない」「『ビール飲んじゃったから運転してよ』とか、甘えすぎ」など、女性からは厳しい言葉が集中しています。

5.トイレを占有して出てこない
ホテルなどバスとトイレが一緒になっている場合、旦那様にトイレを占有されてしまうと、「身支度が一切できない」と嘆く妻の皆様も少なくありません。さんざん待たされた挙句に「『お前の支度が遅い』と文句を言われる」といった例もあるのだとか。レストランで朝食の場合は、そのフロアのトイレで用を済ませ、部屋のバスルームは妻に譲るくらいの気配りが、素敵な旦那様には求められているのです。

次ページでは夫が選ぶ妻にどん引きする旅先の行為のご紹介! >>