大き過ぎない「大きめ」を作るセンス

サイプロダクト

左/ブッテーロ製のキャメル。cyproductのスマートフォン・ケース7140円、右/ブライドルレザー製のロンドンタン。cyproductのスマートフォン・ケース7665円(ともにcyproduct http://www.rakuten.co.jp/cyproduct/)

iPhoneケースやiPodケースは、今や当たり前の存在となり、スマートフォンやウォークマンなどのデジタル機器もケースにいれる人がとても多くなりました。ただ、多くのケースは、それぞれの機器専用に作られていて、新しい物を買うとケースも買い替えなければなりません。もちろん、専用ケースの、ピッタリしたサイズ感やコンパクトさは、とても魅力的なので、それはそれで良いのですが、たとえば革のケースのような持っていて嬉しくなるようなタイプは、価格も高く、簡単に買い替える訳にはいかず、そう考えると買うことも躊躇してしまいます。

cyproductの「スマートフォン・ケース」は、名前からしてスマートフォン用と、ざっくりした感じになっていますが、その名の通り、iPhoneを始めとするスマートフォンの多くを収納できる、汎用の革ケースです。ただ、単に汎用のケースと言うのなら、そこらのポーチと変わりません。そこは、これまでも使いやすく、キレイな革製品を作ってきたcyproductさん、抜かりはありません。このケース、何と言うか、とても「いい感じのサイズ」なのです。

cyproductの人気商品に、このガイドサイトでも取り上げた「データカバー SE」(1万1800円)の手帳カバーがあります。このカバー、基本的にはほぼ日手帳やクオバディスのビジネスを収納するための、文庫サイズのカバーなのですが、それらより少しだけ大きめに作られています。その「少し大きい」ことで、手帳だけでなく、iPhoneやメモ帳、多くの筆記具などをまとめて入れることが可能になっているのです。その「少し大きい」の少しの具合が絶妙なのです。
スマートフォン・ケース02

iPhone4を入れるとこんな感じ。写真のようにサイドを握り込むと、開口部が開いて中のモノがスムーズに出し入れできる

同じように、この「スマートフォン・ケース」も、例えばiPhone4にピッタリではありませんが、入れてみるとピッタリ入って、出し入れ口を下にしても簡単には落ちません。同じようにiPhone 3GSも入るし、Gallaxy Sも入ります。文字通りのスマートフォン・ケースで、これなら多分、今後発売されるであろうiPhone 5だって入りそうです。革製で、しっかり作られているから、長く使い続けることも可能。少し大きい、その“少し”が、本当に絶妙です。

では早速次のページから特徴を紹介しましょう。