人気のファーストシューズ

赤ちゃんが初めて履くベビー靴が、ファーストシューズ。多くのパパ・ママに人気のファーストシューズとそれぞれの特徴をご紹介します。

アディダス
大人顔負けの正にアディダスのミニ版! でも、滑りにくいアウトソールや、つま先が上がっているところ、お子さん一人でも履きやすいベルクロなど、ファーストシューズで大事な基本はきちんと押さえています。

アップリカ
成長に応じて、3タイプの靴を用意。ハイカットと、3本のマジックベルトが特徴です。3本のマジックベルトを採用しているのは、歩く時の足首とアーチをよりホールドしやすいためだそうです。また、中敷きの親指と第2指の間に凸部を作ることにより、裸足歩行のように親指をしっかり動かしやすくする工夫などがされています。

ファミリア
ファミリアならではの、上品なデザインが特徴。あんよができる前から、足に心地よくフィットする靴に慣れておくことで、たっちや伝い歩きなど、次のステップへの移行もスムーズになると考え、ソフトな素材のタイプも用意。靴の内側も吸湿性のよい天然素材を使用し、汗などの臭いに対しての消臭効果のあるネームが付いています。

ピジョン
つかまり立ちの頃の「はじめてたっち」、歩き始めの「よちよちあんよ」、しっかり歩けるようになってからの「とてとてあんよ」の3段階に合わせた靴を揃えています。履き口がしっかり開くので、脱ぎ履きもしやすく、他のメーカーに比べて、横幅が広く甲も高めなので、幅広甲高の足のベビーに人気です。

ミキハウス

こだわりのファーストシューズを選びたい

ミキハウス
靴の素材の貼りあわせにのりを使わないことで通気性がよく、ソフトな足あたりになっています。一つ一つ丁寧に人の手で作り込み、縫製もこだわりがあるようです。特に、かかと部分がクマの顔になっている「かかとくまちゃんベビーシューズ」は、子どもが自分から履きたくなるシューズとして人気です。

 

ガイドおすすめのファーストシューズ

ファーストシューズ・ベビー靴の選び方』の記事でガイドのファーストシューズ選びの条件を挙げていますが、その条件にあったものや、おすすめのベビー靴、子供靴のブランドは以下です。

アシックスsukusuku

はだし感覚で履ける心地よい靴 アシックスsukusuku

アシックスの「sukusuku」シリーズ
歩き始めから3ヶ月間までの「スクスクファースト」と、歩き始と3ヶ月から3歳までの「スクスクベビー」と分かれています。ファーストシューズとして履く「ファースト」は、ハイカットモデルのみ。つま先部を大きく丸く巻き上げて、よりつま先がひっかかりにくくされていたり、肌に触れる内側全面には吸汗性・低刺激性の「メディエル」という素材が採用されています。

色のバリエーションも豊富。また、足のサイズの左右差が大きいお子さん、足底板・下肢装具・サポーターなどを片足に装着するために靴の左右のサイズが異なるお子さん、歩き方や装具の装着などにより片足のみ靴が破損することが多いなどのお子さん向けの「左右片足販売モデル」や、幅狭対応の「ナロータイプ」があります。

GEOX kids
「GEOX(ゼオックス)」は、イタリア生まれのメーカーです。 GEOXの特徴はなんといっても、靴底の通気口。通気口より湿気を排出するので、靴内は常に乾燥した状態で、冬は暖かく、夏は涼しい状態を保ちます。汗っかきのお子さんにぴったりです。また、元々ウォーキングシューズとしても人気のメーカーなのでキッズ用もフィット感・クッション性が良く、踵がかなりしっかりしています。直営店の他、百貨店でも扱いがあるところもあります。ベビーシューズ(12cm~)から大人サイズまで。ガイドの子どもも現在こちらの靴を愛用しています。

Naturino(ナチュリーノ)
イタリアの子供靴メーカーです。30年以上の歴史があり、小児科医や整形外科医と常に協力し、改良されてきたそうです。作りはしっかりしていていますが、履き心地は砂の上を歩くような「サンドエフェクト」のソールを採用することで、締め付けることなく、自然な状態のままお子さんの足をサポートします。また、機能性もさることながら、インポートならではの素敵なデザイン! 花のストラップがついたピンクの靴など、他のママから「その靴どこの?」と注目されること間違いなしです。百貨店やこだわり靴のお店で取り扱いがあります。サイズはベビーから(12cm~)あります。こちらもガイドの子どもが愛用していました。

ニューバランス
子どもらしい原色系の元気な配色が特徴です。ファーストシューズは「インファント」から。ファーストシューズの時期は、できればハイカットモデルを選んでください。赤ちゃんの成長に合わせたセーフティーで快適なシューズを提案。足裏の曲がる位置で靴底も正しく曲がるアウトソールや、かかと部分の硬さでなど、大事なポイントが押さえられています。汗をかきやすいベビーの足にうれしい、吸汗・速乾性、通気性に優れたMPC加工を採用。他のメーカーにない特徴としては、足裏の感覚受容器を刺激し、歩きはじめをセーフティにアシストする「プチタッチインソール」というものがあります。

ムーンスターの「チロリアンキャロット」シリーズ
足の健康を作ることにコンセプトが置かれた「チロリアンキャロット」シリーズのシューズです。幅狭~普通タイプの2Eと、幅広タイプの3Eの2種類があります。甲バンドを開くと、ベロとつながったテープが引っ張られてベロが手前にとび出す機能や、かかとの骨をガッチリガードするカウンターボックス構造、取り外せて洗えるカップソール、そして靴の軽量さが特徴です。ガイドの子どもは園用やお砂場用で愛用していました。同じく足の成長と健康をサポートする機能満載の上靴もオススメです。


>> ファーストシューズ・ベビー靴の選び方はこちら


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。