高島屋創業180周年「ヘリテージ・コレクション」



高島屋日本橋店

国の重要文化財の指定を受けている日本橋高島屋



ここ数シーズン、ファッション界で静かなムーブメントになっているのが、「ヘリテージ(遺産、伝統、継承)」を重んじる動きです。時代や流行を超越して受け継がれる「本物、価値ある品」を復刻させたり、リバイバルに取り組む老舗ブランドが相次いでいます。ヘリテージとは、ブランドの象徴的な過去の作品群(アーカイブ)や、ブランドの哲学、真似のできない技法・様式などの総称。長い時を重ねてはじめて築き上げられるものですから、歴史と名声を保ち続けてきた老舗ブランドだけの特権とも言えるでしょう。


【CONTENTS】
Page 1:◆高島屋創業180周年
Page 2:◆FENDI(フェンディ)
Page 3:◆GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)
Page 4:◆ETRO(エトロ)


日本の百貨店で屈指の歴史を誇る高島屋は1831年、京都で創業しました。今年は創業180周年の節目に当たります。江戸時代から続く高島屋がこの記念すべき年に、世界的な老舗やラグジュアリーブランドと手をたずさえて、「ヘリテージ・コレクション」を発表するのは、その老舗の重みにふさわしい試みと映ります。

多数のブランドとコラボレートした限定品がそろいました。「FENDI(フェンディ)」からはバッグとミンクストールが、「GIORGIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ)」からはバッグ、「ETRO(エトロ)」からはショールが用意されました。「VALENTINO(ヴァレンティノ)」のワンピース、「LOEWE(ロエベ)」のバッグ、「Valextra(ヴァレクストラ)」のバッグ、「MARNI(マルニ)」のトート、「BLUMARINE(ブルマリン)」のニット、「AGNONA(アニオナ)」のカーディガン、「HERNO(ヘルノ)」のコートなどにも目を奪われます。各ブランドの限定アイテムは2011年8月24日(水)に高島屋だけで発売されます。


次のページでは、FENDI(フェンディ)のコレクションをご紹介します。