LUMIX DMC-FX80(パナソニック)

LUMIX DMC-FX80

LUMIX DMC-FX80


優れた手ぶれ補正機能と、使いやすいメニューなどが評判のパナソニックのコンパクトデジカメ。その中でもLUMIX DMC-FX80は、撮影後にベースメーク/リップカラー/チークカラー/アイシャドウを入れたり色味を調整することができる「ビューティレタッチ」や肌の透明感や気になるテカりを、レタッチすることができる「エステレタッチ」機能搭載するなど、特に女性向けといえます。

ファンデーション、リップ、アイシャドウ、チークのカラーは有名化粧品ブランドのチームが監修で、きちんとトレンドをおさえているので、メークのお手本や、自分に似合うカラーとメイクを探すという使うなど、今まで違う使い方もできそうです。

 

FinePix Z1000EXR(富士フィルム)

FinePix Z1000EXR

FinePix Z1000EXR


有効画素数1600万の高画質で。シャッターを押すだけで103パターンから自動で最適画質を選択してくれるので、カメラに任せきりにできます。自分撮りタイマーやフェイスレタッチ機能を搭載、さらに空や緑、ビーチなどのシーンを判断し、明るさや感度を適正に設定してくれたりと、色々なシーンで気軽に写真を撮って楽しむことができます。

タッチパネル採用で見たい写真をすぐに探したり、撮影時にはタッチすればピントを合わせてくれるので、直感的に操作ができます。

また、スマフォにも撮影した画像を簡単に送れるので、TwiterやFaceBookといったSNSで写真をシェアしたい人におすすめです。

 

IXY 420F(キヤノン)

IXY 420F

IXY 420F


IXY 420Fは58ものシーン設定がある「こだわりオート」が特徴。人物や花などを撮影する際のマクロモードのおなじみのシーンごとに、それぞれ青空や逆行などのシーンが設けられより細かい設定をオートで撮影することができます。特に赤ちゃん笑顔・寝顔や子供動きなどのシーンもあるので、動きの素早い子供や赤ちゃんを撮影する時には便利です。

さらに、よく撮影する人物の「顔」「名前」「誕生日」を登録し、年齢や状況に合わせて調整して、一番良い状態で撮影できるので、お子さんがる方にも、また彼や友達を撮影したいという人にも良いですね。

 


PEN E-P3(OLYMPUS)

PENundefinedE-P3

PEN E-P3


コンパクトデジカメとデジタル一眼レフの決定的な違いは、背景をぼかすことが出来るか否かだと思います。ワンランク上のおしゃれな写真を撮りたくなった、でもデジタル一眼レフは少し重いし、敷居が高い。と感じている方に最適なのがミラーレスデジタル一眼。

デジタル一眼レフカメラよりも使いやすく、小さく軽めにできているのが特徴です。従来のミラーレスデジタル一眼は「オートフォーカス」が遅いのが欠点でしたが、PEN E-P3では、世界最速「FAST AFシステム」を採用し早くなっているのが特徴、コンパクトデジカメでは物足りなくなった方にピッタリのカメラです。

 


NEX-F3(ソニー)

NEX-F3

NEX-F3


コンパクトデジカメよりも上の表現力を求めたい、背景がボケた写真などニュアンスのある写真が撮りたい、そんな方にオススメなのが、ソニーのNEX-F3。充実のオート撮影機能(夜景、風景、人物など)で使いやすくなっています。しかし画質は本格派、一般的なコンパクトデジタルカメラの約13倍あるAPS-Cサイズの有効約1610万画素CMOSセンサーを搭載。

センサーが大きいので、1画素あたりの面積が大きく、そして光をより多く取り込み、豊かな階調を表現してくれます。流行のカフェ写真のブログを作ったりするのにも最適。また本格派なのに、軽めにできているので海外旅行にもうってつけです。

 

もっと本格的に選びたい方は「All About デジタルカメラ」をご覧ください。

【関連記事】
カフェログ作成にオススメ デジタル一眼DMC-GF1
パナソニックより発売された世界最小・最軽量のDMC-GF1はコンパクトデジカメのように扱え、今まで購入をためらっていた女性の方に最適なデジタル一眼です。今回はカフェログ作成に適したパンケーキレンズセット(ホワイト)をご紹介します。

【関連サイト】
LUMIX DMC-FX80(パナソニック)
FinePix Z1000EXR(富士フィルム)
IXY 420F(キヤノン)
PEN E-P3(OLYMPUS)
NEX-F3(ソニー)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。