PSV

背面タッチパッドを利用して画面内を掴める

PSPリマスターとは、PSPのヒット作をPS3用にカスタマイズしたシリーズであり、第一弾としては『モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver』が予定されている。
大画面向けにハイビジョン化され、追加要素や3Dによる立体視にも対応する。昨年よりチラホラと出てきているPS2の名作をPS3でリマスターする動きにも似ているが、大きく違う点が「PSPのセーブデータを共有できる」という点だ。

後日コナミもPS2の『メタルギアソリッドシリーズ』をリマスターする『メタルギアソリッド HDエディション』や『ZOE』をリマスターする『ZOE HDエディション』と共に、PSPのヒット作をPS3版として発売する『メタルギアソリッド ピースウォーカー HDエディション』を発表している。

コナミではPSPとのセーブデータ共有をトランスファリングと名付けている。これは(現在予定されていないが)PSV版との共有が視野に入っているのかもしれない。

今後、「外出時には携帯ゲーム機で、帰宅したら据え置きゲーム機で遊ぶ」というスタイルが増えそうだ。現在でも『ドラゴンズクラウン』など、PS3版とPSV版のマルチプラットフォームで展開するタイトルが発表されている。

Wii Uがタブレット端末を用意したのとは方法が違えど、解決したい問題点は「ゲーム機のリビング占有率の低下」という、同じ問題なのではないだろうか。

PSVがPS3の将来も左右する存在なのは間違いない。
PSPリマスターのように携帯ゲームと据え置きゲームの架け橋になること、外出時にはPSV、帰宅時にはPS3という住み分けを可能にすること、PSPに開発リソースを割きがちな開発メーカーにPS3へのバイパスを用意すること。
さらに携帯ゲーム機として操作しやすく、かつスマートフォンの領域まで網羅すること。

これらを網羅するPSVは、まさにSCEの核となる製品になりそうだ。



■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。