日経平均株価は日本の代表的な株価指数 

日本経済は企業業績と密接に関係しています。そこで、経済の動きを把握するためにも、日本の代表的な企業の株価の動きを表している日経平均株価をまず押さえておきましょう。

日経平均株価とは、日本の株式市場を代表する株価指数です。東京証券取引所第一部の上場銘柄から選ばれた225銘柄を指数の対象としていることから、日経225とも呼ばれます。流動性や業種等を考慮して銘柄の入れ替えが随時行われているため、その時代を反映した株価指数になります。

日経平均株価は景気や為替の影響を受ける 

日経平均株価は様々な要因で動きます。まず国内景気の影響を受けます。景気が良ければ企業業績は好調になり、株価は値上がりします。反対に、景気が悪くなれば企業業績の悪化につながり、株価は値下がりします。

さらに、為替相場の影響も受けます。日本の代表的な企業には、トヨタ自動車といった輸出関連企業が多くあります。そのため、日経平均株価は、円高になれば企業業績の悪化懸念から値下がりし、反対に円安になれば企業業績の回復から値上がりする傾向にあります。

日経平均株価以外には東証株価指数 

日経平均株価以外の代表的な株価指数としては、東証株価指数(以下TOPIX)があります。TOPIXは東京証券取引所第1部の全銘柄が指数の対象となっているため、株式市場全体の動きを表すとされています。
押さえておきたい国内の株価指標

押さえておきたい国内の株価指標


アメリカの代表的な株価指数はNYダウ 

また、日本の株式市場は、アメリカ経済とも密接に関係しているため、アメリカの株式市場の動向にも影響を受けます。アメリカの代表的な株価指数としては、NYダウ(別名ダウ平均)があります。NYダウは、ニューヨーク証券取引所に上場している代表銘柄を対象とした株価指数です。アメリカは世界経済に与える影響が大きいため、世界の株式市場の動向を考える上で欠かせない株価指標です。

日経平均株価やTOPIXといった代表的な株価指数は、テレビや新聞、インターネット等でその動向が紹介されています。日々その動向を把握するようにしましょう。
押さえておきたい外国の株価指標

押さえておきたい外国の株価指標


次ページでは、まず金利がわかるようになる商品を紹介します。投資の種銭作りに活かしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。