このカタチでも“風味”たっぷりの乗り心地

ポルシェパナメーラ

2009年の上海ショーでデビューしたポルシェ初の4ドア4シーターモデル。国内では6モデルを用意、さらにフラッグシップモデルとなるターボS(価格未定 写真)も登場した。こちらは最高出力550ps/最大トルク750Nmの4.8リッターツインターボを搭載する

ポルシェパナメーラ

サイズは全長4970×全幅1930×全高1420mm(4S)。価格は929万~2061万円

ポルシェにとって、最新作に当たるのが、この4ドアスポーツサルーンだ。

SUVのカイエンで悲願の4ドアポルシェを成功させたのち、たとえばクロスオーバータイプよりもセダンタイプに人気の集る新興市場のニーズなども鑑みて、ポルシェのスーパー4ドアを新たに作ることは、十分に勝算の見込めるビジネスだったに違いない。

ポルシェパナメーラ

ポルシェ伝統の5連丸型メータパネルを採用。ラゲッジ容量は通常で432リッター、6:4分割可倒式の後席を倒せすと最大1250リッターまで広がる

その結果を判断するには、もう少し時間が必要だが、出足は上々というべきだろう。何しろこのクルマ、こんなカタチをしていて、しかもエンジンが前にあって、なお、ポルシェらしい、フラットでかつレスポンスのいい、頑丈な殻に包まれているかのようなライドフィールを持っているのだから……。乗ってみれば、911シリーズを源とするポルシェ風味がたっぷり、というのはカイエンでも感知できる重要なポイントだ。

もちろん、成り立ちのよく似た911とケイマンほど味濃くポルシェ風味が残されたわけじゃない。
ポルシェパナメーラ

Sハイブリッドは最高出力333psの3リッターV6スーパーチャージャーエンジンに47psのモーターを組み合わせたパラレル式ハイブリッドモデル。このシステムはカイエンSハイブリッドと同じもの


その度合いは確かに薄いけれども、たとえば同じようなサイズの4ドアサルーンと乗り比べてみれば、やはり他と何とも似ていないポルシェテイストが滲み出ていて、感心する。V6からターボまで、どのエンジングレードに乗っても、実際のパフォーマンスはポルシェの名にふさわしいものだ。なにしろ全長5mのサルーンが、サーキットに持ち込めば、とてつもなくファンで速いパフォーマンスをみせるのだから。

ポルシェの血が成せるワザ。とはいえ、ポルシェが好きで4ドアが欲しい、という方にプッシュするクルマではない。いずれの世代でもいい。911シリーズがあって、その横に並べて落ち着くクルマである。もしくは、911経験のあるベテランが、ボクスタースパイダーあたりと並べて持つサルーンだと思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。