リフォーム費用/リフォーム予算・相場とその読み方

リフォーム用住宅設備・建材のグレードの違いは?(2ページ目)

リフォームに関係する住宅設備や建材の多くには、商品グレードが設定されています。高級品や普及品といった区分は、リフォームプランを立てる上で大きく価格を左右します。しかし、その商品グレードの差は本当に実感できるものなのでしょうか。今回はリフォーム商品のグレードについてご紹介いたします。

大野 光政

執筆者:大野 光政

リフォームにかかるお金ガイド

トイレは清掃性、洗面台は快適&収納力

床や外装が耐久性重視であるのに対し、トイレや洗面化粧台というサニタリー空間の設備では清掃性と収納力が商品グレードの決め手となります。汚れやニオイが気になりやすいトイレでは防汚性能や脱臭機能、温水洗浄便座の節電及び快適性能の有無、身だしなみで毎日気ぜわしくなる洗面化粧台では洗面ボウルの汚れにくさに加え、洗髪洗面機能の有無、収納スペースの多さが商品グレードを大きく左右します。

これら機能の有無が商品グレードに反映され、本体価格にも影響してきます。トイレ本体価格は5万~30万円前後、洗面化粧台(間口750mmを想定)の本体価格は5万~50万円というようにかなりの価格差がありますが、周囲の工事を伴わなければ設備本体の取付工事費用は大差がありません。サニタリー空間の設備では、本体価格がリフォーム総額にズバリ影響すると言えます。

追加オプション性能にも差が出る浴室、キッチンのグレード

キッチン

キッチンや浴室は豊富なオプション群によって、細部にまで様々なこだわりを反映させられるリフォーム設備の一つです。

浴室やキッチンはリフォームの中でも施主のこだわりや思い入れがひときわ強い場所です。そのためユニットバスやシステムキッチンは様々なグレードと追加オプションが豊富に用意されています。こちらも機能面が大きくグレードに影響するところなのですが、そもそも高級グレードは追加オプションのレパートリーが多く設定されているため、いろいろなオプションや機能の組み合わせができます。また同じような機能を持っているように見えても、高級グレードと普及グレードではその機能の性能に差があったり(例えば浴槽のお湯の冷める時間に性能差がある、など)、浴室壁・キッチン収納扉の材質・カラーの種類が違ったりするのも特徴です。

浴室(1坪サイズを想定)では本体価格で40万~200万円、キッチン(間口1,800~2,250mmを想定)では20万~150万円というように、商品グレードによって価格差が大きくなるのも浴室、キッチン設備の特徴です。

設備・建材はカタログでじっくり比較

今回は商品グレードに注目してご紹介しました。リフォーム費用はこれらのグレードにも大きく左右されます。同じようなリフォームに見えても価格に大きな差があるのは、商品グレードが大きく影響しています。

この他にも施工方法やどの範囲までをリニューアルするのか、あるいは補修で済ますのかということが関係していきますが、設備や建材が中心となるリフォームでは設備・建材本体価格が価格決定の大きな要素です。「リフォーム前にはカタログをよくチェックしておいた方がよい」というのもこのためなのです。これからリフォームをされる方は設備・建材のグレードについてもぜひ一度じっくり調べておきましょう。


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます